ミノキシジルを使用する際は摂取量に注意

ミノキシジルは摂取量を守って利用する

医薬品には大なり、小なり副作用が必ずあり、効果が高い医薬品になると強い副作用がある場合があります。

また、いくら効果が高いといっても過剰に摂取すれば体に悪影響がありますし、持病があってほかにも薬を使っている場合などは飲みあわせの問題もあります。
ミノキシジルは育毛効果が高い医薬品として知られていますが、短期間で毛髪が回復することを期待して摂取量を守らず使用していれば副作用を発症する場合もあります。
逆効果になってしまうこともあるため、摂取量を守って利用することが大事です。

ミノキシジルは少量から試してみましょう

高い育毛効果のあるといわれるミノキシジルですが、効用が高いからといっていきなりミノキシジルの含有量の高い医薬品を使用すると副作用が発症する場合もあります。
そのため初めてミノキシジル使う場合は、少量から試すのがポイントです。

少量のミノキシジルでの人によっては発毛が実感できる場合があるため、まずは1週間くらい試してみましょう。
その結果、発毛効果が実感できなかった場合、ミノキシジルの摂取量を少しずつ増やしてみましょう。

ミノキシジルの正しい使い方

効用の高い医薬品ほど、正しく使用しないと事故につながる場合があります。
ミノキシジルは発毛効果が高いといわれていますが、医薬品であるため、1日の摂取量を守らずに過剰に摂取したりすると頭が痒くなったり、頭痛が起こしたり、副作用が発症する場合があります。
ミノキシジルを使う場合は、正しい使い方を知っておきましょう。

初めてミノキシジルを利用するときの摂取量

初めてミノキシジルを利用する場合はいきなりミノキシジルの含有量の高い医薬品を使用せず、ミノキシジルの含有量の低い医薬品を試してみることがポイントです。
初めてミノキシジルを利用する場合の目安は1日1回2.5mgです。

この目安を守って1週間くらい利用して、頭が痒くなったり、頭痛が起こったりといった副作用が起こらないか確認しましょう。
2.5mgのタブレットなどが発売されているため、それを利用すれば摂取量を誤らずに利用できます。
人によっては2.5mgの少量でも発毛効果が実感できるといわれています。
発毛効果が実感できた場合は、ミノキシジルの摂取量を増やさずに、そのままで様子をみてみましょう。

ミノキシジルの摂取量をだんだんと増やしていく

1日1回2.5mgのミノキシジルを使ってみて、しばらくしても発毛の実感が得られず、頭皮の異常などの副作用が見られない場合は、ミノキシジルの容量を増やしてきましょう。
このとき、摂取量をいきなり大きくしないことがポイントです。

1日1回5mgを目安にしましょう。
2.5mgや5mgといった摂取量は副作用のリスクが低いといわれており、この摂取量でも発毛効果が十分に得られる人も多くいます。
発毛効果の実感は、人に寄りますが1ヵ月~3ヵ月くらいの時間がかかります。
焦らず、しばらく使用して様子をみてみましょう。

ミノキシジルの1日の摂取量

ミノキシジルは1日で最大1日10mgまで服用することができます。
2.5mgや5mgといった摂取量で発毛効果が十分に得られなかった場合は、10mgを服用してみましょう。
1日10mgまで服用した場合、人によっては副作用が発症する場合があるため、異常を感じた場合は、服用をやめて医師に相談するようにしましょう。

ミノキシジルは本来高血圧の治療に使われていた医薬品であり、副作用のリスクのない漢方などとは異なります。
ミノキシジルを使って脱毛。薄毛対策を行う場合は、ミノキシジルにどのような効果があり、どのように使用するものなのか確認して、正し利用しましょう。

ミノキシジルをうまく使うポイント

ミノキシジルを使って脱毛・薄毛対策を行う場合、はいきなり含有量の高い薬を使用せずに、少量で試してみてだんだんと摂取量を増やしていくことがポイントですが、摂取量を増やすとき、服用回数を分割するといった工夫を行うことによって体への副作用のリスクをより安全にミノキシジルを使うことができるようになります。
例えば1日5mgのミノキシジルを摂取する場合、1回で5mgを摂取せずに、2.5 mgのミノキシジルを1日2回摂取するようにします。
1回の摂取量を減らせばそれだけ体への負担も少なくなるため、より安全にミノキシジルを使うことができるのです。

発毛効果は人によって異なる

発毛効果は人によって異なります。
ミノキシジルを使ってすぐに発毛が実感できる人もいれば実感するまで時間がかかる場合があります。
すぐに効果が得られないからといって摂取量を増やさず、しばらく様子を見るようにしましょう。

過剰摂取は禁物

発毛効果が高いといわれるミノキシジルは外服タイプと内服タイプがあり、より効果が高いといわれる内服タイプは1日で最大10mgまで利用することができます。
内服タイプのミノキシジルタブレットや錠剤はミノキシジルの含有量が様々で、中には含有量が高いものがあります。
効果が高いといって中には1日に15mgといったミノキシジルを摂取する人もいるようですが、摂取量を守って正しく利用することが大事です。

ミノキシジルはもともと高血圧症治療薬

先ほども少し触れましたが、ミノキシジルはもともと、高血圧の治療に使われていた医薬品です。実際、海外製ミノキシジルタブレットのパッケージには、Dosage(用量)として、高血圧治療のための用法・用量しか記載されていないものがほとんどです。

参考までに、下記は日本でよく個人輸入される、タイのT.O.Chemicals(1979)社製「Noxidil Tablets」のパッケージに記載の用法・用量の部分です。
Indications :Treatment of severe hypertension

(適用:重症高血圧症の治療)

Dose :Adult and children over 12 years. Initial 5 mg as a single dose. The dose may be increased gradually to 10 to 40 mg daily in single doses if necessary. The maximum recommended dose is 100 mg per day.

(用量:大人と12歳以上の子供を対象。最初は1回に5 mgから。必要であれば、用量を1日に10mgから40mgまで徐々に増やしてもよい。最大の推奨用量は1日100 mgです。)

高血圧症の治療においては、上記のようにかなりの高用量まで飲んでも良いことになっていますが、それでも「必要に応じて」、そして、「徐々に」増やすことが推奨されています。

ミノキシジルは医薬品だということを承知して、副作用に気を付けながら利用しましょう。
利用にあたっては、発毛効果や副作用を見ながら1日2.5mgといった少量から始めることがポイントです。副作用がなく、効果が見られないときに摂取量を増やすようにしましょう。

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を個人輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している個人輸入代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営しているため安心してご利用いただけます。

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る