『男を作る』テストステロン

男性らしい女性や、女性らしい男性など、人にはそれぞれ個性があります。体毛が毛深いことや髪の毛が細かったり、抜け毛が気になるなどということも、男性的な特徴ということが出来るでしょう。なぜ、このような違いが表れるのでしょうか。一説によれば、人差し指と薬指の長さによって、その人が男性的であるか女性的であるのか分かるそうです。男性ホルモンの一種であるテストステロンの話と交えて説明させていただきます。

テストステロンとは

男性ホルモンのテストステロンは、男性では男性ホルモンの95%を占めていると言われています。そのため、このテストステロンは男性にとって強い影響を与えます。女性は男性の10分の1から20分の1とかなり低めです。男児は2~3歳から飛行機などの乗り物に興味を持ち始めたり、活発な性格になったりします。これは男児は2~3歳からテストステロンの影響を受けるためです。男児は男児は2~3歳からテストステロンの分泌量が急激に高まって、そこから、思春期にかけて大量のアンドロゲンシャワーを浴びることになります。アンドロゲンシャワーとは、男性ホルモンを浴びて脳や生殖器などに影響を与えることです。胎児の頃にアンドロゲンシャワーを強く受けることで、女性であってもおてんばな男性的な子になりやすく、逆に浴びる量が少ないことで大人しい女性的な子になる傾向があると言われています。アンドロゲンシャワーの影響で精巣が発達、性衝動の増加、髭などの体毛も生えてきて、体も筋肉質になりガッチリとした体格になっていきます。このことからも分かるように、男性的な成長にテストステロンは欠かせないと言えるのです。

人差し指と薬指

心理学を研究しているジョン・マニング教授が執筆した「二本指の法則」の中で、テストステロンを胎児の頃に多く浴びると薬指が長くなり、エストロゲンを多く浴びると人差し指が長くなるという一節があります。その理由としては、薬指にテストステロンを受け入れる受容体が多いということが挙げられます。人差し指と薬指を見るだけで性格がある程度把握できるとも言える、この事実に大きな驚きを感じる人もいることでしょう。薬指が長い人は、理屈を重要視して、リーダー的な性格であることが多く、自己主張が強いとされています。また、リスクを恐れることがなく運動能力も高いそうです。子沢山であるケースも多く、女性の場合は同性に好かれる傾向があるようです。人差し指が長い人は温厚で穏やか、コミュニケーション能力も高く受容する姿勢がある人が多い傾向にあるとされています。しかし、人差し指と薬指を見るだけでその人を測ってしまうのは、些か乱暴だと言えるので、あくまで参考にする程度にした方が無難でしょう。

テストステロンと薄毛の影響

テストステロンは男性ホルモンの一種であるため、薄毛の原因であると言われますが、実際には少し違います。薄毛や抜け毛の原因となるのはジヒドロテストロンという悪玉男性ホルモンの影響なのです。このジヒドロテストロンはテストステロンの不足によって作られやすくなると言われています。またテストステロン自体には毛根を強くして、髪の毛の発毛を手伝う作用があるとも言われています。このことから、テストステロンが増えることによって薄毛や抜け毛が進行するということは間違っていると言えるのです。薄毛や抜け毛の対策にジェネリックや輸入医薬品の育毛剤を使っているという人もいます。ジェネリックは価格が安い上に安全性も高いと言われています。そのため、ジェネリックを選んで使っている人も増えています。輸入医薬品は日本国内では購入できない製品を使い、新鮮な効果を期待できることが魅力です。輸入医薬品を購入するときにはネットの通販を利用しましょう。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る