勘違いしていませんか?育毛剤と発毛剤について

抜け毛が進行してしまったり、薄毛に悩まされている方は育毛剤や発毛剤の利用を検討しているでしょう。その際に、そもそも育毛剤と発毛剤にどのような違いがあるのか迷ってしまう方がいるかもしれません。

育毛剤と発毛剤の違いが分からない人が多い

基本的には文字通りの意味にとらえればよく、育毛剤というのは髪の毛を育てるためのものであり、発毛剤というのは髪の毛を生やすためのものです。育毛剤というのはさまざまな理由から毛髪がやせ細ってしまったときに、その髪の毛を元通りの元気な状態にするための効果を期待することができるのです。したがって、すでに髪の毛がなくなってしまったり、脱毛が生じているような場合には育毛剤の効果は薄くなってしまうでしょう。

一方、発毛剤というのは髪の毛が生えてこなくなった部分に対して働きかけるという違いがあります。育毛剤によっても改善することができない状況になってしまったときに使うのが発毛剤と考えると良いでしょう。

ただし、実際にはこの2つにそれほど明確な違いがあるわけではなく、育毛剤によっても発毛効果を期待することもできるのです。また、発毛剤によって育毛効果が生じることもあります。基本的には育毛剤は予防のために用いることになり、発毛剤は治療のために使われることになります。

どのような効果を期待できるのか

発毛剤として指定されているものは医薬品であり、ミノキシジルやフィナステリド、デュタステリドといった成分が含まれています。これらは副作用が生じてしまう可能性があるため注意しなければいけません。一方、育毛剤については医薬部外品として販売されているものが多く、安全に利用できるものばかりです。

基本的に育毛剤と発毛剤というのは成分の効果の強さが違っているだけであり、原理的にはそれほど違いがないことの方が多いでしょう。たとえば頭皮の毛母細胞に働きかけて活性化させることによって、髪の毛の発育を促していきます。あるいは頭皮の血行促進によって髪の毛を生やすための栄養補給がしっかりとできるようにして、毛髪の成長を促していくことができます。あるいは頭皮に雑菌が増殖したり、炎症を抑える効果も期待できます。保湿成分が含まれていることが多く、これによって頭皮が乾燥したり、ガサついてしまうのを防ぐことができます。頭皮環境を整える効果を期待できるのです。

毛母細胞は髪の毛を生やすための大切な細胞です。頭皮の血行促進は毛母細胞に対して栄養を届けるという役目を果たします。したがって、毛母細胞や頭皮の血行促進という効果は特に重要なものであるといえるでしょう。

ジェネリックと輸入医薬品について

育毛剤や発毛剤の中にはジェネリックというものがあります。ジェネリックというのは後発医薬品のことです。すでに利用されている医薬品の特許が切れたことによって、その成分を真似して製造販売されているのがジェネリックです。こちらは研究開発費を価格に含める必要がないため、安価に販売することができます。成分の効果や安全性もすでに保証されているため、安心して利用することができるのです。

また、輸入医薬品というものが最近は流行っています。海外から輸入をして育毛剤や発毛剤を利用するケースが増えているのです。輸入医薬品の方が国内で入手するよりも安いケースが多いのです。また、国内では扱われていないものが輸入医薬品として手に入るケースもあります。

これから育毛剤や発毛剤を使いたい方は、ジェネリックや輸入医薬品についても注目してみると良いでしょう。ただし、これらはきちんと安全なルートで入手するべきです。安全性については保証されていないため、自分で責任をもつ必要があります。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る