女性の頭皮ケア、男性はコスメの時代に!

日本だけではなくて世界中の男性が薄毛に悩まされています。それでは実際のところ世界のそれぞれの国にはどのくらいの薄毛の人がいるのでしょうか。それを知るための世界の脱毛地図が公開されています。こちらをチェックすることによって、それぞれの国の薄毛事情を知ることができるでしょう。

世界の脱毛地図について

まず世界で一番薄毛の人が多い国はチェコです。こちらは男性の40%近くが薄毛であることが分かっています。また、スペインは42.6%であり、ドイツは41.24%となっています。

一方、アジアの場合は日本人が26.78%となっており、日本はアジアで一番ハゲが多い国ということになります。香港人は24.68%であり、シンガポール人は24.06%です。日本はアジアで一番ハゲが多い国というのは、日本が先進国であることと関係しているでしょう。西欧化された食生活が髪の毛に悪い影響を与えているとされています。また、ストレスによるものともいわれています。ストレスというのは髪の毛や頭皮に対してとても悪い影響を与えてしまうのです。ストレスフルな生活が続いてしまうと、最終的には薄毛になってしまうでしょう。頭皮までしっかりと栄養が供給されないようになってしまうからです。現代の日本人の生活というのは、かつての日本人の生活とは異なっています。もともと、アジアというのは欧米と比較すると薄毛の人が比較的少なかったのです。それが日本のように先進国化してしまった国の場合は、アジア人らしい生活習慣がどんどん薄れていっており、欧米化してしまっているために髪の毛にとっては悪い影響を与えてしまっているといえるでしょう。

ちょんまげの理由

日本はアジアで一番ハゲが多い国という理由と関連して日本にはかつてちょんまげという文化がありました。ちょんまげというのは薄毛の方でも関係なくできます。髪の毛をわざわざ抜いてまでちょんまげにしていたのです。この文化があった頃というのは、あまり日本では薄毛が問題視されることはありませんでした。むしろちょんまげを結いやすくするためには薄毛の方が都合が良いという考え方もあったのです。それが今の日本人にはこの文化がなくなりました。そのため、薄い髪の毛をどのようにして誤魔化すべきなのか苦労している方が多いです。たとえば、バーコードのような髪型にしている方がいます。ああいう人達もちょんまげの時代であれば、あのような髪型にする必要はなかったでしょう。

薄毛対策に育毛剤

薄毛に悩んでいる日本人はたくさんいます。現時点では問題がなかったとしても、将来的には薄毛の可能性のある人はたくさんいるでしょう。そんな方達は今のうちからしっかりと対策をしておくべきです。その際にはジェネリックの育毛剤や輸入医薬品の育毛剤を使ってみましょう。育毛剤は毎日使わないと効果が発揮されません。しかし、それではかなりお金がかかってしまいます。そのため、できるだけ費用を節約するための方法としてジェネリックや輸入医薬品という選択はおすすめです。これらの育毛剤ならば価格が安く設定されているため、安心して利用できるでしょう。ジェネリックというのは特許切れの薬の成分を真似た医薬品のことであり、開発コストがかからない分が価格に還元されているのです。一方、輸入医薬品というのは海外から輸入されたものであり、基本的に海外の方が医薬品が安いことが多いため、費用的にお得です。

育毛剤は薄毛の予防に最適です。そのため、現在特に悩みがないという方であっても、今のうちから育毛剤を使っておけば、常に頭皮の状態を良くすることができて、将来薄毛になってしまうのを防げるでしょう。薄毛予防のためにも育毛剤を使ってみると良いでしょう。正しい使い方を守ってください。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る