噂の真相徹底解剖!

髪の毛に関してはさまざまな噂が存在しています。それを妄信的に信じている方がいるかもしれませんが、本当のところはどうなのでしょうか。それぞれ注目してみましょう。

帽子NGではない

昔から言われていることの一つとして、よく帽子をかぶっている方は剥げやすいというものがあります。これは果たして真実なのでしょうか。この説はかなり昔からいわれているものです。結論を説明するとこれは事実でもあり間違いでもあります。とても曖昧なのですが、薄毛の問題というのはさまざまな原因が複合的に関わって起きるものであり、このような言い方となってしまうのです。

まず、一般的に帽子NGとされる理由は帽子をかぶることによって汗の発散が悪くなり、これによって頭皮が蒸れた状態になるからです。大量に汗をかく状態で一日中帽子をかぶりつづけると、それによって雑菌が繁殖してしまうことになるでしょう。これが続けば薄毛につながってしまいます。

しかし、そのような状況で帽子をかぶり続けるという状況はなかなかないでしょう。一日中同じ帽子を一度もはずすことなくかぶり続けることは滅多にありません。普通の人は屋内に入れば帽子をはずすでしょう。そして帽子というのは頭皮を守る役目も果たしているため、実は髪の毛や頭皮にとって良い効果をもたらしてくれます。

炎天下で歩いていると頭皮にどんどん日光が降り注がれます。このときに気をつけなければいけないのは紫外線です。頭皮というのは紫外線の影響を強く受けやすいです。これによって皮膚に問題が生じてしまう可能性があります。そのため帽子NGではないという説が出てくるのです。帽子がむしろ頭皮を守ってくれます。効果的に利用することで帽子NGではないといえるでしょう。

毛深い人ははげるのか

その他の俗説として毛深い人ははげるというものがあります。こちらも帽子と同様に昔から議論されていることなのですが、果たして本当なのでしょうか。実際にイメージとしてはげている人というのは毛深い人が多いように思うかもしれません。それでは本当に毛深い人ははげるのでしょうか。

そもそもどうしてハゲてしまうのかといえば、それは男性ホルモンが影響しています。男性ホルモンは体を毛深くする性質があるのですが、男性ホルモンが変化してできるジヒドロテストステロンは逆に薄毛を進行させてしまいます。そして男性ホルモンが多い人は毛深い人が多いため、このことから、毛深い人ははげるというイメージができてしまったのです。

ホルモンの関係でいうと女性は剥げにくいといえるでしょう。これはある意味では事実なのですが、女性ホルモンがたくさんあれば禿げないというわけではありません。大切なことはホルモンバランスなのです。男性ホルモンの多い毛深い人であっても、ホルモンバランスが取れているならば薄毛になる可能性は低くなるのです。

輸入医薬品やジェネリックを使う

帽子をかぶったり、毛深かったとしてもそれが絶対に薄毛と結びつくわけではないことが分かりました。しかし、用心するに越したことはないでしょう。そのためには普段から育毛剤を使うことが大切です。輸入医薬品やジェネリック医薬品であれば、安く入手することができるでしょう。効果的な育毛剤を用いることによって、将来はげてしまうリスクを低くすることができます。

また、帽子をかぶったり、毛深い人が本当に禿げてしまうケースももちろんあります。そんなときにはすぐに育毛剤を使うべきでしょう。育毛は長期間にわたる場合があるため、育毛剤を使い続けることになります。そのためできるだけ費用のかからないものが望ましくなります。そのような商品として輸入医薬品やジェネリックはおすすめです。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る