壮年性脱毛症とは!?

若年性の脱毛症の方を除き、30代以上の男性が薄毛で悩んでいる方の大半が、壮年性脱毛症となっております。30代以上の男性の方の壮年性脱毛症の割合は、およそ90パーセント以上となっており、薄毛の大半の原因が壮年性脱毛症となっております。しかし、壮年性脱毛症自体は、あまり知られておりませんのでどのような病気かわからない方も多いと思います。そこでこちらのページでは、壮年性脱毛症の原因や対策についての情報をご紹介します。

壮年性脱毛症の原因

壮年性脱毛症の原因は大きく分けて2種類あります。1つ目は、男性ホルモンのはたらきが原因によるもので、男性ホルモンに含まれるジヒドロテストステロンが何らかの要因で増加してしまうと、脱毛の症状が悪化する事がわかってきております。このジヒドロテストステロンがどのようなものなのかというと、男性ホルモンが変化したもので、この変化が起こりやすいのが30代から40代の壮年期にはじまることが多くなっている事もあり、30代以上に症状が出やすくなっているのです。また、2つ目の理由としてヘアサイクルの変化なども原因となっております。ヘアサイクルは、成長期、退行期、休止期のサイクルを繰り返しているのですが、壮年性脱毛症になってしまうと、このヘアサイクルが乱れてしまい、成長期の期間が極端に短くなってしまいます。その結果、十分に成長できなくなってしまい、細く腰がない髪の毛になりやすくなってしまったり、発毛自体が行われないような毛穴も出てしまうのです。

壮年性脱毛症対策

壮年性脱毛症にならないためにはしっかりと対策する事が重要になります。壮年性脱毛症の有効な対策方法は禁酒です。壮年性脱毛症は、アルコールによって悪化する傾向があります。その為、壮年性脱毛症を悪化させない対策としては、しっかりと禁酒をする事が重要になります。禁酒が大変だという場合には、休肝日を積極的に作成するのがおすすめです。お酒を減らす事で改善する事ができるようになっております。また、お酒を減らすだけでなく、頭皮を清潔に保つように対策したり、血行を代謝を高めたりなども非常に有効な方法になります。

壮年性脱毛症の治療方法

壮年性脱毛症の治療方法は複数あり、それぞれ症状の進行具合によって使い分ける事が必要になります。食生活を改善したり、生活環境を改善させるだけでも十分に効果のある方もいれば、ジェネリック輸入医薬品などをしっかりと使用しなければいけない壮年性脱毛症の方もいます。壮年性脱毛症の治療は皮膚科に行って受診する事から始まるのですが、皮膚科では、プロペシアの服用かミノキシジルの使用、アロビックス液の塗布の三種類が主な方法となっております。

プロペシアは、薄毛改善を目的とした薬品になります。DHTの生成を抑えるため、抜け毛の数が減るといわれています。ただ、劇的に改善するようなケースは稀であり、現状維持を目指しているなど、症状が軽度な方におすすめです。

ミノキシジルは、薄毛治療の非常に効果的な薬剤ですが、副作用があります。医師から処方を受けて使用するのは当然、決められた量をしっかりと守るようにしてください。

アロビックス液の効果は、血管の拡張による血行促進です。これによって、毛根まできちんと栄養が行き届くことがあり、これが育毛効果が期待できるとされています。これらの三種類から症状に合わせた治療法を探すのです。

壮年性脱毛症は、とにかく早期治療が重要です。食生活やライフサイクルを改善させた上でジェネリック輸入医薬品を服用するのがとても効果的ですが、ジェネリック輸入医薬品の効果が実感できないような場合には、本格的な病院での治療が必要です。また、ジェネリック輸入医薬品にも色々な種類がありますので、レビューなどを参考に選ぶようにしてください。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る