風邪を引くと髪の毛に異変??

薄毛に悩んでいる方は、日常生活で薄毛に悪影響を与えるような物から髪の毛や頭皮を守りたいと思います。その為、辛い物を避けたりタバコやお酒、油っこい食べ物をなるべく控えているのだと思います。しかし、風邪が薄毛に関係している事を知らずに薄毛を進行させてしまっている方は、多いのではないのでしょうか。そこでこちらでは、風邪が薄毛に悪影響を与えている事を知らない方のために、風邪と薄毛が関係している理由などをご紹介します。

風邪が薄毛に関係している理由

薄毛には様々な理由があります。遺伝性の物であったり、食生活の乱れ、不規則な生活による睡眠不足、シャンプーのしすぎなど色々な理由によって薄毛になっております。風邪になっている状態は免疫力が落ちている状態になります。免疫力が落ちた胎内ではどのような事が起こっているのかというと、体内のウイルスをどうにか退治しようと一生懸命ウイルスに攻撃をしています。心臓や肺など生きて行く上で必ず必要な部分にエネルギーを優先的に送るように体はできております。その為、風邪などの緊急事態の時には、優先順位の低い髪の毛などは後回しになってしまうのです。風邪によって十分なエネルギーを貰えなくなった頭皮や髪の毛は抜け毛が増え薄毛になってしまうという事なのです。

風薬が原因になることも

病院などで出される抗生物質には、体内の異変を治すだけでなく、正常な細胞分裂にも強い影響を出すものもあります。風邪の最近の増殖という異変を抑えるために抗生物質を服用すると、従来でしたら、髪の毛に必要な細胞分裂が行われなくなるケースもあります。この細胞分裂が起こらないと髪の毛はこれ以上作られませんので結果的に薄毛になってしまいます。

風邪による薄毛にならないために

風邪による薄毛にならないためには、風邪を予防する事が一番です。風邪は乾燥していると感染しやすいので、乾燥を避けるためにマスクを着用したり加湿器を使用するなど乾燥している空間を避ける事が重要になります。また、身体に異変を感じたら、なるべく早く睡眠を取るなど身体をいたわる事も重要になります。風邪が長引けば長引くほど頭皮には重大なダメージに繋がってしまいますので、しっかりと治す事が重要になります。症状があまり重くないのであれば、抗生物質ではなく漢方などを処方してもらうのもおすすめです。

風邪は老化にも影響が

薄毛の原因として挙げられる頭皮の老化ですが、実は風邪をひくと老化を進行させてしまう事がわかっております。風邪によって起こる発熱や喉の腫れなどの炎症は、老化を急激には止める事がわかっております。風邪を引いて熱を出している状態ですと、体内に入ったウイルスを除去する為に発熱しますが、この発熱が肌や内臓を老化させてしまうのです。頭皮も肌ですので老化してしまうと抜け毛が増えてしまいますので十分に注意が必要になります。

薄毛にはジェネリック輸入医薬品などでヘアケアする事ができますが、まだまだ完全ではありません。ジェネリック輸入医薬品などでヘアケアしながらもこれ以上薄毛が進行しないような注意が必要になります。その為、ジェネリック輸入医薬品などでヘアケアしながらも、健康な身体でいられるような努力も必要になります。風邪を引かないために重要なバランスの取れた食事や睡眠、ストレスをかけない生活というものは、そのまま薄毛にならないためのヘアケアと同じになります。薄毛にならないように注意していながらも風邪をひくという事は、どこかがケア出来ていないという事になります。もし、風邪を引いてしまったらとにかく1秒でも早く治療を行い完治させる事が最も効果的な薄毛対策になります。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人気記事\

Sorry. No data so far.

ページ上部へ戻る