知って得する!化粧品に含まれる成分と育毛の関わりとは?

グリチルリチン酸は抗炎症作用が期待できる成分です。ニキビ治療や乾燥肌の改善に用いられることがあります。実は、グリチルリチン酸は育毛剤としての効果が期待できることもわかりました。では、なぜ良くもう効果が期待できるのでしょうか。ここでは、その魅力をご紹介します。

グリチルリチン酸の成分

グリチルリチン酸は甘草の根に含まれています。漢方の原料として使われることも多く、甘草湯という漢方も登場しているほどです。たとえば、口内炎や喉の炎症など、皮膚に関する症状が期待できることがわかります。古くから抗炎症作用を持つ薬として愛されてきたのです。

赤ニキビに対する作用が期待されていますが、症状が進行しているときは医療機関に相談するのがベストですが、ある程度症状が落ち着いてからはデイリーケアとして活用するのがよいと言います。このように、抗炎症作用がグリチルリチン酸のよさなのです。

グリチルリチン酸が持つ抗炎症作用と抗アレルギー作用

なぜ、グリチルリチン酸が育毛に対してよい効果を発揮するのでしょうか。実は、頭皮環境が悪化するタイミングは、皮膚が炎症を起こしたりアレルギー反応を起こしたりしているからです。

たとえば、皮脂がたくさん分泌されてしまうと毛穴が詰まってしまい、頭皮が炎症を起こしてしまいます。また、シャンプーには化学成分が含まれていることもあり、肌がダメージを受けてアレルギーを起こすことも少なくありません。すると、頭皮が傷んでしまい、薄毛の原因になってしまうのです。

グリチルリチン酸を摂取すると、抗炎症作用や抗アレルギー作用がはたらきます。痛んでしまった頭皮環境が改善されるので、健康な毛髪が生えてくる頭皮環境になるとともに、脱毛を予防する効果が期待できるのです。

グリチルリチン酸が持つ殺菌作用

薄毛の解消とともに、グリチルリチン酸はフケやかゆみを抑える効果が期待できます。頭皮の雑菌を抑えることで、頭皮に起きてしまうフケやかゆみといった現象を減らすことができるからです。

たとえば、皮脂の分泌過剰な状態だと皮膚にいる雑菌の栄養が豊富なので、頭皮環境に悪影響を与えてしまいます。一方、乾燥肌で皮脂が不足すると、皮膚のバリア機能がなくなってしまい雑菌の影響を受けやすくなってしまいます。

グリチルリチン酸の殺菌作用は、オイリー肌と乾燥肌のどちらにもよい影響を与えます。殺菌作用がはたらきフケやかゆみを解消してくれるわけです。その結果、頭をかきむしって頭皮を傷つけてしまったり、炎症を悪化させたりすることはなくなります。頭皮の新陳代謝も正常化されるため、よい効果をもたらすと考えてよいでしょう。

ジェネリック医薬品を利用しよう

グリチルリチン酸を含んだ医薬品は医療機関で処方されます。ただし、育毛剤として購入するときは保険適用外のため費用が高いです。そこで、ジェネリック医薬品にすることで、同じ成分でありながら価格を抑えることができます。

もし、もっとリーズナブルに購入したい場合、輸入医薬品として個人輸入で仕入れるのがおすすめです。個人輸入の場合、海外からリーズナブルな価格で購入できます。育毛剤として高額で手が出なかったという人は試してみるのもよいでしょう。

グリチルリチン酸を上手に活用しよう

抗炎症作用や抗アレルギー作用がはたらくグリチルリチン酸は、頭皮環境の改善にとってよい成分です。古くから漢方にも用いられていたり、近年もニキビや乾燥肌によい影響を与える化粧品とされたりと、さまざまな使い方がされています。ジェネリック医薬品や輸入医薬品として個人輸入するなど、できるだけリーズナブルに入手するのがよいのではないでしょうか。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る