後頭部のアレコレ!!!

頭髪のケアをしているつもりでも、意外に疎かになっている部分があります。それは後頭部なのですが、後ろの方に位置しているせいか、ケアが上手くできずに悩むものです。もちろんですが、後頭部のケアが面倒くさいからという理由で何もしないのは良くありません。これではせっかくのケアも無意味なものになってしまうし、見かけも上手く整いません。ここでは、後頭部のアレコレというトピックで、このパーツに関してぜひとも知っておきたい内容についてお伝えします。

後頭部でも油断できない理由

後頭部の髪の毛の状態に関して特に問題ないのではと思っていたら、実は抜け毛が進行していたという話は良くあります。このような状態を招いてしまうには、それなりの理由があるのですが、一体なぜだと言えるでしょうか。
最も考えられる要因としては、頭皮の状態の変化です。言うまでもなく、頭皮は髪の毛を支える役割を果たしている以上、決して疎かにすることはできません。後頭部は頭皮すら触れることが少ないため、知らないうちに硬化していることも多々あります。もし後頭部の薄毛の状態に異常を感じたら、頭皮が硬くなっていないかどうか、今一度疑ってみましょう。そうすることによって、後頭部に上手くアプローチできます。

男性型脱毛症の特徴

男性型脱毛症は、後頭部における悩ましい薄毛の1つです。通称AGAとも呼ばれているのですが、日本全国では約1200万人もの人が、この症状に悩んでいると言われています。
この現象の要因としては、男性ホルモンの変化が挙げられます。髪の毛の成長には、成長期を長くキープすることが必要不可欠ですが、一度男性型脱毛症になるとこの大切な期間が短くなるのです。髪の毛が太くなれば抜け毛が起こる確率は減るのですが、そのような理想の状態にたどり着く前に、髪の毛が抜けます。この状態に気づいた時、何とかしてケアをすれば良いのですが、そのまま放置することは避けなければいけません。状態が悪化する前に、頭皮や髪の毛を強くするようにしましょう。

フィナステリドの活用

フィナステリドは、元々はガンを治すために使われてきましたが、現在では薄毛にも効果が期待できると言われています。もし男性型脱毛症にかかった場合、髪の毛の抜けるスピードが一段と早くなるので、効果がそれなりに期待できる薬品を使う方が理にかなっているのです。
このフィナステリドを使えば、毛乳頭にあるDATと呼ばれている物質の生成を抑えてくれます。ただし、それだけの成果を求めるのであれば、正しい利用に徹することが必要です。毎日同じ時間帯に服用することで、薬としての濃度を体内で上手くキープすることができます。摂取する量としては、1日に1回行えば十分です。

後頭部の薄毛は遺伝か?

後頭部の髪の毛が薄くなりがちな人にとっては、遺伝が関係しているのではと感じるようなことは良くあります。あるいは、遺伝ならば改善されることはないと悲観的に捉えてしまうのも、決して無理はないことです。では、これは本当に遺伝の問題なのでしょうか。
これについては、絶対に関係があるとか無いと言った断定はできないのが現状です。人によっては遺伝によって起こることもあるし、ご家族の髪の毛の状態が全く関係ない人だっています。遺伝で薄毛になるのは約20パーセント前後と言った説も聞きます。この数字からも、薄毛を遺伝のせいにしてネガティブに捉える必要はないと考えて良いのです。

後頭部薄毛にジェネリックは効果的か?

ジュネリック医薬品は、ここ最近耳にするタイプのお薬ですが、これを後頭部薄毛対策用として活用して良いのかどうか、疑問に感じることでしょう。もちろん、頭皮や髪の毛の状態によって使うべきかどうかは異なってきますが、医師が「使用しても特に問題ない」と判断すれば、それで大丈夫です。
ジュネリック医薬品の中でも、おすすめは育毛剤タイプの薬です。ジュネリックであるため、通常の育毛剤よりも低価格で入手しやすいですし、正しく活用すればそれだけ効果も期待できます。また、育毛剤を使いたいが保険適用外になるケースもあり、そういう時にジュネリックタイプの育毛剤の有り難さを実感できることでしょう。もしこのタイプの育毛剤が希望なら、そのことを病院や薬局で伝えることをおすすめします。

後頭部の薄毛における輸入医薬品活用の是非

輸入医薬品を薄毛に活用することについては、それこそ多種多様な意見が存在します。もし後頭部の状態が気になる場合、輸入医薬品を活用しても問題ないと言えるでしょうか。
もし輸入医薬品を使って髪の毛や頭皮に異常をきたすと判断されなければ、たいていの場合は問題ないと言われています。後頭部の状態が酷くなってから輸入医薬品を使っても、状況によっては手遅れになることだってあります。それならば、早いうちに医師に相談して、輸入医薬品を服用する方向で考える方が賢明です。この類の薬は、どちらかと言うと刺激が強めに作られていますが、後頭部にダイレクトに働きかけるには優れています。

後頭部の薄毛は、最初は慣れずに大変に感じるかもしれません。とは言えども、面倒に感じるのは慣れるまでの期間だけですし、それを乗り越えればケアが楽しくなります。すぐに結果が出るものではないですが、まずは正しいケアについて理解し、それを実践に移していくことが大切です。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る