いつまでも若々しくいたい老化現象STOP!!

髪の毛に黒い色をつけているのは「メラニン」という色素です。加齢によってこのメラニン色素が減ってくるため、30歳を過ぎた頃からしだいに白髪が増えてきます。白髪は自然な老化現象ですが、個人差があります。「若白髪」と呼ばれて若くてもできる人がいますし、ストレスや栄養状態によっても、白髪が生じることが知られています。白髪と薄毛の関連性ですが、どちらも加齢やストレスなどが関係しています。白髪があるだけで老けて見られますから、白髪を減らすことでアンチエイジングになるでしょう。

シラカバのエキス

シラカバ樹皮エキスは、「シラカバ」という植物の樹皮から抽出されます。シラカバは、もともとは「白い樹皮のカンバの木」を縮めた名前ということで、「シラカンバ」とも呼ばれています。フィンランドなどのヨーロッパで育成されていますが、日本だと北海道で見ることのできる植物です。シラカバの白い樹液には、アミノ酸やミネラルなどが豊富に含まれています。健胃効果や整腸作用があることが知られています。また、シラカバのエキスは、甘味料として知られているキシリトールの原料にもなっています。また、シラカバの樹皮には、「ベチュリン」という抗菌作用を持つ物質が含まれており、木は腐ったとしても樹皮だけは残るという特徴があります。シラカバ樹皮エキスには、保湿効果の高いコラーゲンなどを増やす作用があるということで、髪の毛にハリやコシを与えることができます。

シラカバと育毛

シラカバ樹皮エキスには、メラニン産生促進効果があるとされています。メラニン産生促進効果とは、シラカバ樹皮エキスが配合された育毛剤を使用することで、メラニン色素が増えたり、毛乳頭の細胞が活性化するというものです。シラカバ樹皮エキスによるメラニン産生促進効果は、白髪だけでなく、薄毛にもプラスとなります。「白髪の人は薄毛にならない」などという俗説がありますが、どちらも頭皮の状態が良くないことで起こりますから、白髪でも薄毛になる人はいるようです。白髪は薄毛の前兆と言われていますから、白髪が増えてきた時点で予防することで、薄毛を防ぐことができるでしょう。シラカバ樹皮エキスを含んだ育毛剤を利用すれば、アンチエイジングが期待できます。

シラカバ樹皮エキスのジェネリック

シラカバ樹皮エキスにも、ジェネリック(後発医薬品)はあるのでしょうか!?ジェネリックは、輸入医薬品代行業者を利用することで購入できますが、サイト内で販売されているのは、有名な育毛剤が主流となっています。シラカバ樹皮エキスが用いられたのは最近のことなので、探すのが難しいかもしれません。消費者の需要の高いジェネリックの方が、輸入医薬品代行業者にとって扱いやすいからです。サイトに掲載されていない場合は、輸入医薬品代行業者に問い合わせてみましょう。個別に対応してもらえる可能性があります。輸入医薬品代行業者が増えていますから、できるだけ多くの商品を扱っているところに問い合わせた方がよいでしょう。なお、輸入医薬品代行業者に頼らずに個人輸入を行うこともできますが、その際には厚生労働省が定めたルールを守るようにしてください。輸入できる数量に制限があり、個人で利用する以外に販売や他人に譲ることなどは禁止されています。

高齢社会でアンチエイジングへの期待が高まる中で、髪の毛の老化現象である白髪や薄毛を予防することで若々しい外見を保つことができます。シラカバ樹皮エキスというのは意外な発見ですが、加齢を防ぐ研究が進められています。今までの育毛剤で効果が見られなかったという方は、シラカバ樹皮エキスを配合した育毛剤を使ってみてはいかがでしょうか。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る