私がAGA治療院に行かない理由

加齢によって薄毛になってしまった人

加齢によって薄毛になった人は多いので、60歳を過ぎたら薄毛になっても諦めがつく人は多いですが、20代から50代くらいの年齢であれば薄毛になってしまうと周囲からの目が気になって自信が持てなくなってしまうことがあります。

結婚を考えているときは女性からの視線が気になりますし、薄毛になると帽子をかぶったり、気持ちが後ろ向きになってしまいます。
薄毛の原因にも様々なものがあり、AGA、いわゆる男性型脱毛症の場合は、治療を受けることで薄毛を改善することができます。

薄毛治療を受けるときは皮膚科に診察を受けますが、AGAを治療するときは一般的な病院では効果がある薬を出してもらうことはできないので、AGA治療院に行く必要があります。

AGA治療院は、治療費が高い

ただAGA治療院は、専門的な治療を行うため全国どこにでもクリニックがあるわけではなく、健康保険も適用されませんから治療費が高くついてしまいます。
健康保険の場合は治療全体の一部を支払うだけで治療を受けられますし、処方薬も安く手に入れることができますが、AGA治療院の場合は健康保険が適用されないので全額負担をすることになります。

また、AGAの治療は継続して行うことで効果があり、もし途中で治療を中断してしまった場合は薄毛が進行してしまいます。
継続的な治療は、治療費用がかかってしまうだけでなく、遠方からAGA治療院に通う場合は交通費もかかり時間もかかってしまうため、AGA治療院には行かないという人が少なくありません。

AGA治療院では、患者さんの頭皮の状態をチェックして写真撮影し、処方した薬の効き目があるかどうか、変化の過程を見ながら治療を進めていきます。手術をするわけではありませんから、クリニックに行かないでAGAに効果がある薬を服用すれば、AGAを改善することができます。

医薬品輸入代行を通じて購入

AGAに効果がある薬は、診察を受けて医師から処方してもらうだけでなく、実は医薬品輸入代行を通じて購入することができます。
AGAに効果があるとされている薬は、日本ではAGA治療薬として認可されていないものが多いので、手に入れたいと考えたときは、ドラッグストアではなく医薬品輸入代行を利用したり、個人輸入をする必要があります。

輸入代行と聞くと面倒な気がしますが、実際には数多くある通販サイトを利用するように簡単に注文して手に入れることができます。AGA治療は最低でも数か月から数年という期間にわたって治療を続けるため、薬が沢山必要になります。

AGA治療院では毎月の負担額が数万円を超える

しかしクリニックで受診したり、認可されている医薬品を使った場合は、毎月の負担額が数万円を超えることが少なくありません。

それが長くかかる場合は、家計にも大きな負担を抱えてしまいます。しかし医薬品輸入代行を利用すれば、認可されている医薬品と同じ成分を使い、同じ効果や効能を着たいできるジェネリック薬品を海外から購入することができます。
信頼できる医薬品輸入代行業者を探して、そこからAGAを改善する医薬品を購入することができれば、クリニックを受診する必要もありませんし、医薬品もジェネリック医薬品なので同じ効能のものが安く手に入れることができます。
家計に負担をかけずに医薬品を購入することができれば、長期にわたって医薬品を利用することができますから、AGAを改善できる可能性がそれだけ高くなります。

医薬品輸入代行なら高い診察費用を払う必要はありません

AGAを改善できる医薬品を医薬品輸入代行から購入することができれば、わざわざ健康保険のきかないクリニックで高い診察費用を払う必要もありませんから、クリニックに行かないという人が増えています。
自宅で誰にも知られずにAGA治療をすることができますから、それも大きな魅力になっています。

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営しているため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る