AGA治療をクリニックで受けるのはもう古い?

AGAを治療する為には?

AGAを治療する為にはAGAクリニックに行くのが良いと言う事を聞いたことがある人もいるでしょう。
勿論医療機関なのでその人の頭皮・頭髪の状態を見て適切な処置をしてくれます。
ただ実際に病院に行くとなると、そこに通院する必要があるので時間に余裕が無い人の場合はなかなか通院できないと言う事も少なくありません。
AGA治療に適している医薬品も存在しているので病院に行くのはとてもメリットがある事なのですが、実は病院に行かなくても同じ薬を手に入れる事が出来る方法があると言う事をご存知ですか。

医薬品輸入代行

それが医薬品輸入代行です。

現在日本ではAGA治療の薬は市販されていないため、ドラッグストアや薬局などで購入する事は出来ません。
しかし海外では既に手軽に入手できると言う所もあります。
そうした海外で流通している医薬品を入手する方法が医薬品の個人輸入です。
ただ個人輸入自体は薬事法でも認められているので何ら法的に問題があると言う訳ではありませんが、実際には言葉の壁が大きく立ちはだかってしまう事もあります。

ちなみに語学が堪能な人であれば何の問題もないし、海外に良く行かれる方は現地のお店で自分で調達してもOKです。

代行業者のサイトから商品を注文

では日本国内にいて、さらに英語などがあまり堪能ではない人はどうすれば良いでしょうか。
折角手軽に海外の薬を入手する事が出来るのに、言葉の壁によってそれが不可能になってしまうだなんて凄く勿体ない事です。
そんな時におすすめなのが医薬品輸入代行です。
これは個人輸入に関する手続きなどを全て代行してくれるサービスの事で、利用者はその代行業者のサイトから商品を注文する事になります。
勿論扱っているのは海外医薬品ですが言葉は全て日本語表記となっています。
だから英語が良く分からないと言う人でも何ら心配する必要はありません。
また業者に対して質問する時はメールなどを用いますが、勿論これも日本語で大丈夫です。
日本国内でネット通販を利用する時と同じ様に買い物をする事が出来るので、とても便利なサービス展開となっています。

ちなみに医薬品輸入代行で注文したお薬に関しては、海外からの配送となるのでどうしても手元に届くまでに時間が掛かってしまう事も少なくありません。
サイトの方には大体どれくらいの時間を要するかという事も書いてある場合が多いので、その点についてはしっかりとチェックしておきましょう。

処方箋が必要ない

さて、そんな医薬品輸入代行ですが、勿論AGA治療のための薬の扱いもあります。
また便利なのは処方箋が必要ないと言う事です。
日本であれば処方箋を書いてもらう必要が出てきますが、それもなしで購入する事が出来るので自分のタイミングで使いたい時に使うと言う事も十分可能となります。
だからAGA治療をクリニックで受ける事が古いとまでは行きませんが、今では医薬品輸入代行を利用している人も大勢いると言う事は知っておいて損はないでしょう。

医薬品輸入代行にシフトチェンジ

ちなみに、AGA治療薬を最初から個人輸入で入手するのは何だか不安だと言う人もいるはずです。
基本的に海外の医薬品は日本人向けに開発されている物ではないので、もしかしたら製品によっては過剰摂取になってしまう可能性は否定できません。
心配な場合は、まずは最初にクリニックに行って薬を処方してもらい、どんな状態なのか等をある程度把握してから医薬品輸入代行にシフトチェンジすると言う方法もお勧めです。
この方法なら薬の服用やその注意点についても理解した上でAGA治療薬を利用する事が出来るので、本当に大丈夫なのかな、使っても平気かな、なんてドキドキしながら利用しなくても良くなります。

勿論最初から個人輸入で入手する事もOKですが、もし体調に何らかの異変があった時はすぐに医師・薬剤師に相談しましょう。

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営しているため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る