AGA治療院と医薬品輸入代行はどっちがオトク?

AGA対策によく使われている内服薬、外用薬

AGA対策によく使われているのが内服薬だったり外用薬です。
入手する方法としてはAGA治療院を利用するのと、医薬品輸入代行で海外から取り寄せる方法があります。
そこで気になるのがどちらの方がお得に利用できるのか?という部分ですよね。お得度で言えば断然医薬品輸入代行と言えるでしょう。
両者にはどの位の差が付くのかここで確認をしてみましょう。

先にAGA治療院を利用する際の費用についてですが、だいたい月に1万円~3万円くらいの費用が掛かることが多いようです。
治療院によって料金設定が違いますのでかなり開きが付いてしまうことがあります。
年間で考えてみると相当な費用が掛かることがお分かり頂けるかと思いますし、金額を見てみると治療院を利用するのは難しく感じてしまうのではないでしょうか。

医薬品輸入代行の場合の費用

では一方の医薬品輸入代行の場合の費用と言えば、月に4千円~5千円くらいの金額から購入することが可能です。
もちろん治療院のように内服薬と外用薬をセットで購入する時の金額です。

きっと治療院の費用を見ると現実的に難しく感じてしまう方もいるかと思いますが、医療輸入代行の方ですと格段に安く済みますので、「そのくらいの金額なら・・」と思えますよね。
わたしもAGAに悩んでいるくちですから治療院へ行こうと思ったことがありますが、でもどこでもだいたい1万円くらいからの金額となっていますのでイマイチ乗り気になれない部分がありました。

リーズナブルに治療薬を手に入れる

しかし輸入をすればリーズナブルに治療薬を手に入れることができますので、今では輸入をして手に入れるのが当たり前になっています。
とにかくコストを抑えたいという方にお勧めですし、経済的な問題があってなかなか治療に手が出せない時には一考してみるのも良いかもしれませんね。

なぜこれだけの価格差が付いてしまうのかが気になるかもしれませんが、安く済ませられる理由としてジェネリック品を購入できるからです。
通常、治療院の場合ですといわゆる先発医薬品を主に扱っています。
先発医薬品というのは莫大な研究開発費を掛けて世に送り出された治療薬なのですが、コストが掛かっていますからその分、販売価格も高くなっているのです。

そして治療院でも先発医薬品を扱っていることが多いですし、またそれぞれの治療院によって価格が違っている為、中には極端に高いところも存在します。
一方のジェネリック品は先発医薬品の言ってみればコピー品であり、研究開発費をあまり掛けることなく作り出すことができますので、先発医薬品よりも安く販売することができるのです。

有効成分に関しては同じであり効果についても期待することができますし、お得に手に入れることができるとして注目されています。
医薬品輸入代行を利用すればお得なジェネリック品を購入することが可能ですから安くAGA対策をしたいと考えている方にとって本当に頼れる存在ですよね。

もし、治療院でしか治療薬を手に入れることができなかったらきっとわたしの髪の毛はもっと大変なことになっていたと思いますし、無事に回復しつつあるのは輸入代行があったお陰と言っても過言ではありません。

しっかりと考えてから活用すること

このように医薬品輸入代行はとてもお得に治療薬を手に入れることができる手段なのですが、ただ注意してもらいたいのがあくまでも医薬品なことです。薬には副作用が付き物ですし、特にAGAの治療薬は副作用も強いとされています。
それを個人の判断で入手して利用しようとするわけですからそこには少なからずリスクがあります。
もし副作用が起こっても全て自分の責任になってしまいますから、その点は十分に注意するようにしましょうね。
どの医薬品にも言えることですが、安易に使うのはよくありませんので、しっかりと考えてから活用することをお勧めします。

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営しているため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る