薄毛になる4種類の原因とは?

いつまでも改善しない薄毛

世の中にはさまざまな育毛剤や発毛シャンプーなどが売られています。

どれも値段が張るものばかりですが、せっかく購入して使用してもなかなか期待するような効果が現れないことも珍しくありません。

髪は通常ですら伸びるのに数カ月かかりますから、発毛効果を実感できるまで何カ月も使い続けないと、その製品が自分に合っているか判断すらできないのがつらいところです。

どのようにすれば、自分にあった育毛法に辿り着けるのでしょうか。

自分の薄毛の原因にあった対処法を実践することの大切さ

薄毛は、見た目には同じようなものかもしれませんが、原因は人によって異なります。

原因は大きく4つのタイプがあることがわかっていますので、まずはご自身がどんな原因から薄毛になったのかを知ることからスタートしましょう。

自分が薄毛になった原因を改善する育毛剤でないと、高いお金を払って買う意味がありません。

その育毛剤がどの薄毛タイプに効くのかを確認しよう

市販されている育毛剤や発毛シャンプーは、4種類のうちどのタイプを改善する製品なのか、あまり大々的に宣伝していない印象です。

「生える」と宣伝している製品で興味を持っているものがあれば、どの薄毛タイプに効くのかを確認しましょう。

自分はどの薄毛タイプなのかを把握したら、双方をマッチさせることが薄毛解決の決め手です。

自分の薄毛原因を4タイプから確認

薄毛を引き起こす原因は、食事や生活習慣・ストレス・遺伝・男性ホルモンの主に4タイプに分類されます。

あてはまると思う原因は1種類かもしれませんし、もしかしたら複数に思い当たるかもしれません。

人によっては、いくつもの原因が頭皮に影響を与えていることも少なくありませんので、全ての原因に目を通してみてください。

食事や生活習慣タイプ

phdi034-s髪は、食べ物から摂取した栄養素が原料となって作られています。髪の原料となる主な栄養素は、ミネラルやビタミンなどです。

現代人は栄養バランスが偏った食生活を送っている方が多いので、髪の原料が十分に補給できていない人が大勢います。

外食の場合でも、メニュー選びをするときにミネラルやビタミンが多い食材を用いた献立を積極的に選びたいものです。

人とのつき合いから遅くまで飲みに行ったり残業が続いたりなど、不規則な生活習慣を送っていませんか。睡眠をしっかりとれていないことも、髪の成長を邪魔しています。

全体的に髪から不快なニオイがする、脂っぽい、毛根がベタベタするなどという場合は要注意です。

ストレスタイプ

ストレスは精神的にむしばんでいくだけでなく、頭皮などの体の健康に与える影響も見逃せません。

ストレスをゼロにすることはなかなか不可能に近いので、好きな音楽を聴いたり体を動かしたり趣味に没頭する時間を作るなどして溜め込まないようにすることが、ストレスと上手につき合っていくコツです。

ストレスが蓄積すると、ホルモンバランスが悪化し、自律神経が乱れる原因になります。
血流が低下すると、髪の原料である栄養素をいくら食事から補っていても毛根にしっかり届けられなくなりますから、効果のある育毛剤を探すよりストレス発散に力を入れた方が根本的な解決になります。

遺伝タイプ

phm06_0805-sよくお父さんやお祖父さんの髪の量を見て、少ない場合は将来的に自分も薄くなるのではと心配する方がいます。

実際は薄毛という遺伝的要素があるわけではなく、薄毛になる生活習慣などの体質が遺伝として受け継がれることがあるというだけです。

お父さんやお祖父さんの髪の量がもし少なくても、必ずしも自分まで薄毛になるというわけではありませんから心配しないでください。

薄毛の原因となるような生活習慣などを引き継がないように、思い当たることからどんどん変えていきましょう。

発毛のクリニックによっては、男性ホルモンを受け取る遺伝子(受容体)を確認して、男性ホルモンにどのくらい影響されやすいかを治療に役立てるところはあります。

男性ホルモンタイプ

テストステロンという男性ホルモンは、体毛やヒゲが伸びるよう促す特徴を持っています。

しかし、同じ毛でも髪には正反対で、男性ホルモンは毛根の毛母細胞でジヒドロテストステロン(DHT)に変化し、毛母細胞をしぼませる働きがあることから、髪を育ちにくくします。

対策はある!

薄毛が進んでいるのではと疑いを持つようになったら、できることがあります。

どのタイプの原因かによって対策は異なりますが、例えば円形脱毛症の場合はストレスの状況がなくなるなどによって自然と元通りになります。

ホルモンバランスの変化や加齢による場合は、放置していても治る可能性は低いので、専門医に相談しましょう。

カラーリングをすると薄毛が目立ちにくくなりますし、髪質にボリュームがないというだけで薄く見えることもありますからその場合はパーマをかけることで改善できます。

育毛剤を使用するなど、できることを実践していきましょう。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人気記事\

Sorry. No data so far.

ページ上部へ戻る