AGAは薄毛の進行段階に応じたケアがある!

AGAの何型に分類されるかを確認しよう

薄毛と一言でいっても、いくつかの種類があります。男性と女性とでは治療法も異なりますし、進行の仕方も違います。

男性型脱毛症(AGA)の場合はハミルトン・ノーウッド分類という7段階で分けることができ、薄毛の度合いによって適切な治療方法が異なりますので、まずは現在の状態がどの段階に分類されるのかを知ることが大切です。

自分の薄毛タイプにあった対策を

dl578390男性の髪が薄くなってくる部位は、頭頂部から少なくなっていくO型、生え際にあたる前頭部から後ろに進んでいくM型、O型とM型の両方を兼ねたタイプの3通りがあり、ハミルトン・ノーウッド分類でも分けられています。

これらは見た目の違いがあるだけでなく、治療方法も異なりますので、自分の薄毛タイプにあった対策を採ることがいい結果につながっていきます。

状態の正しい把握

治療を行うときはそうなった原因を突き止めて、根本から見直すことが欠かせません。

原因が複数ある場合には、どの原因かを知ることから始めないと別の治療法を選択してしまう可能性があります。

無駄足を踏んで、しなくてもいい苦労をすることがないよう、状態を正しく把握するようにしましょう。

ハミルトン・ノーウッド分類ではどのタイプ?

ハミルトン・ノーウッド分類は、薄毛パターンをアメリカのハミルトン医師が分類し、あとからノーウッド医師が改定したものです。今もなお、このハミルトン・ノーウッド分類はAGA治療で役立てられています。

AGAとまだ診断されていないとき

AGAと診断されておらず、髪にも変化が現れていないので問題ありませんが、予防をするために育毛剤や発毛シャンプーなどで頭皮ケアをすることもできます。

  • 第一段階
    第一段階は、ハミルトン・ノーウッド分類でレベル1・レベル2・レベル2(Vertex型)に該当するレベルです。レベル1はまだ薄毛でないか、気が付かないほどの軽度です。
    レベル2は少し生え際からの薄毛の可能性を疑う程度です。レベル2(Vertex型)は生え際だけでなく、O型の頭頂部も薄くなってきたくらいです。
    この第一段階は、発毛もしくは現状維持のためにケアを行います。育毛剤・育毛シャンプー・AGA治療薬などでのお手入れが適しています。
  • 第二段階
    第二段階は、レベル3・レベル3(Vertex型)・レベル4です。レベル3はレベル2の薄毛がさらに進んで、全体的に髪のボリュームが少なくなっているタイプです。

    レベル3(Vertex型)はレベル3であると同時に、頭頂部にO型の薄毛も確認されているタイプです。

    レベル4はレベル3よりもおでこの前頭部の生え際が後ろに進んでいて、頭頂部もO型化しているタイプです。

    第二段階は薄毛が進行しており、専門医からAGAだと診断を受け、実際に治療に入るくらいの時期です。
    治療方法としては、一般的なAGA治療薬が用いられます。

  • 三段階
    第三段階は、レベル5・レベル6・レベル7です。レベル5は、レベル4の薄毛がもっと進行したタイプです。

    レベル6は、頭頂部と前頭部の薄毛が進んだ末につながったタイプです。側頭部だけに、髪が生えています。

    レベル7はレベル6がさらに進行しており、側頭部の髪の量も少なくなっているなど全体的に進んでいるタイプです。

    第三段階になると、決してこのままAGA治療を続けても全く効果が現れないというわけではありませんが、毛母細胞が死んでしまっている部位に関しては、治療によっての発毛は期待できないと一般的に考えられています。
    対処法は、植毛かかつらです。

AGAが進行する年齢

AGAを自覚し始める人の年齢は、最も若い方で10代です。

薄毛というと中高年のイメージがありますが、20代で異変を感じる方が増えています。

男女の性別に関係なく、4割近い方は年齢が35歳になるまでに薄毛がスタートしていると感じた経験を持っています。

4つの生活習慣を見直そう

32dc50333c14cf80b05b134540f087b4_sAGA対策として、すぐにできることがあります。

髪を洗うときにゴシゴシと頭皮に力を加え過ぎている方、洗い流すときにすすぎ残しがある方は、薄毛につながりますので気をつけましょう。

タバコを吸っていると薄毛が促進されますので、禁煙できることが髪の健康のためには理想的です。

メタボ気味の体型は、薄毛になりやすいことがわかっています。ストレスをあまりにも蓄積するのは、髪によくありません。

くつろいだり運動をしたりするなどして、ストレスを減らす努力をしましょう。

3型くらいまでが最も治療効果が現れやすい

AGAの治療を行って効き目が現れやすいのは、ハミルトン・ノーウッド分類の3型くらいまでだといわれています。

ビジネスやプライベートなどの多忙な日々の中で、薄毛対策をするのは面倒かもしれませんが、進行度合いによっては早めにケアを始めた方が効率的に改善できます。

すでに5型より進行していると、発毛はできますが、薄毛でなくなるといえるほどまでに改善させるのは困難になってきますので、まずは現時点での状況を正しく把握しましょう。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人気記事\

Sorry. No data so far.

ページ上部へ戻る