男女別に見る抜け毛の悩みの原因

印象を左右する髪型

f0d0feba162290c4279decb363dee06c_s人の印象を決める重要な要素である顔そのものや顔周りの雰囲気。その顔周りとは、当然髪も含まれてきます。

髪型や髪色などの違いで雰囲気はがらりと変わり、その人の印象まで変えてしまうものです。

そのため、おしゃれ目的でヘアスタイルを変えて楽しんだりすることは広く行われていますが、その印象を変えた原因がおしゃれではなく抜け毛だったとしたら、ちょっといたたまれないものがあります。

そのように、抜け毛によって自分が与える印象が変わってしまったとお悩みの方は多くおられるのではないでしょうか。

抜け毛の悩みは原因究明から

抜け毛の悩みとは、近年より増えて目立つようになってきたイメージもあります。

抜け毛に悩む人口が増えてきたからなのか、抜け毛の悩みを深刻にとらえる方が増えたからか、インターネットや雑誌、テレビなどには抜け毛の解消法を教授するコンテンツがたくさんあります。

その中には育毛方法やおすすめのシャンプー、果ては民間療法なども多数含まれます。実際に抜け毛に悩む方の対処法として紹介されているものもありますし、その現象が起きてしまった原因についてもさまざまに語られています。

その原因を探れば、抜け毛は改善されるかもしれないのです。

男性も女性も抜け毛について悩んでいる

現在日本国内には、男性と女性を合わせて2000万人は抜け毛に悩んでいるとも言われます。

日本の人口を考え合わせるとそう少なくない数字であることは一目瞭然です。これだけ多くの方が悩みとして抱えている抜け毛ですが、それぞれに原因はいくつかに分かれているものです。

男性と女性に分けてもその原因はかなり違うことが多く、その理由の大半は男性ホルモンの影響による抜け毛か否かという点に集約されます。

育毛がうまくいかないと嘆いておられる方の中には、それらの原因を深く追及せずに、男性ホルモン由来の抜け毛であるにもかかわらずそれに適した育毛方法を行っていないなど、原因に合っていない処置しかしなかったという理由がたくさんおおられるのです。
逆に言えば、原因を突き止めて適切な処置を行うことが解決への近道となります。

それぞれに分かれる原因とは

では、具体的に抜け毛の原因となる事例について挙げていきます。

男性と女性でも大きく違う点があったり、共通する点があったりとさまざまですが、一度じっくり自分の頭皮や髪と向き合ってみることをお勧めします。

男性では
  • 男性ホルモンの影響
    これは男性の抜け毛・薄毛の中でも特に多いものであり、男性の中の割合も高いですし、女性と比べた際の割合でもかなり高くなっています。それはもちろん、男性の方が男性ホルモンの分泌が盛んであるためで、またその男性ホルモンが抜け毛に悪影響を及ぼすには、遺伝的にホルモンの処理に変異があるためと考えられています。

    具体的には、還元酵素・5αリダクターゼが悪玉男性ホルモンであるジヒドロテストステロンを生成しますが、このジヒドロテストステロンに過剰に反応する男性ホルモン受容体遺伝子に変異が見られ、異変をきたしやすくなるとされているのです。この場合、適切なホルモン治療を受けることが有効です。

  • 頭皮のケアが足りない
    男性はつい、洗髪をするときにも短時間でさっと済ませがちです。確かに洗いすぎもよくないのですが、きちんと落としておくべき汚れが残ってしまっていると、そのまま毛穴の詰まりへと発展し、髪の発育を妨げてしまう可能性があります。

    また逆に力を入れて頭皮の汚れを掻き落とすかのようにこすっても、頭皮を傷めてしまって柔軟で健康な状態を保てなくなってしまいます。

    さらに、男性用に多いメントール系のトニックなども、頭皮に強い刺激を与える可能性があるため、注意が必要です。

女性では

8c78945adc5eeb434d4658f35cbd1b8c_s

  • びまん性脱毛症
    これは女性の抜け毛の中でも割合が多いものです。加齢によって髪が抜け落ちる現象であり、局所的に薄くなるのではなく全体的に薄毛が進行していきます。主に分け目や生え際がまばらになって頭皮が見えるまでになってしまいますが、明確な境界線がわかりにくい状態です。

    加齢によるもののほかに、更年期に差し掛かったことで女性ホルモンが減少し、髪を保つ働きを行うエストロゲンも同時に減っていくことから、髪を維持できなくなってしまうとされています。

  • 出産後の脱毛
    これは女性特有といえる原因です。
    妊娠している時期も後期に入ると、女性ホルモンが増加して一時的に髪の成長期が延長され、髪も豊かになりますが、出産と同時にホルモンバランスが正常に戻り、またその勢いが急激であるために、妊娠後期に引き伸ばされた成長期の髪が一気に休止期に入るために起こります。

    通常は1年前後で自然回復するため、問題はないものです。

  • 過剰なヘアケア
    これは男性の原因と相反するものであると言えますが、髪の美しさやヘアスタイルを維持するために、トリートメントをうまく流し切れていなかったり、ワックスやムースなどをつけ過ぎて頭皮の毛穴をふさいでしまったり、また頭皮に刺激を与えてしまって健康な状態を保てなくなったりするkとで起こります。

    頭皮に汚れがたまるだけではなく、乾燥状態になってフケが多くなることも。

男女共通
  • 生活習慣の乱れ
    不規則な食生活、睡眠時間の減少、またアルコールや喫煙なども頭皮への血行を悪くしたり、適切な栄養分が行き渡らなくなったりといった減少を引き起こします。

    忙しい現代人ですから、コンディションを整えるのも難しい話ですが、抜け毛の悩みをお持ちなら一度生活習慣を見直してみるのも手です。

原因ごとの適切な処置を

このように、抜け毛はいくつかの原因によって起こり得ます。

男女ともホルモンの影響によるものであれば、一度医療機関に相談に行くことをおすすめします。それ以外で日頃気をつけることができるものであれば、少しずつ見直していけば、かなり改善されるかもしれません。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る