抜け毛が起こりやすい季節の対処方法について

ズバリ、抜け毛が増えるのは春と秋です

59aaaf3412f3ea70c23a654bd7da3173_sどの季節で見ても、抜け毛が減るという時期はなく、頭皮や毛穴の状態によっては1年中抜け毛の悩みを抱えてしまう方もいらっしゃることでしょう。

ですが、必然的に抜け毛が多くなる季節というのは確かにあります。

それは、春と秋。どちらの季節も紫外線の影響を強く受けるという点では似通っていますが、頭皮からの皮脂の分泌量など、微妙な差は生じます。

さらに、季節によりホルモンバランスが崩れやすくなることも考えられ、特に危ないのは自律神経の不調です。

春と秋に抜け毛が起こりやすい理由とは

3月~4月。この季節は徐々に気温が上昇し、非常に過ごしやすくなりますが、心配なのは皮脂分泌、花粉、ホルモンバランスの崩れです。

また、秋は秋で真夏の強い紫外線のダメージを受けた頭皮のコンディションは、乾燥気味になっています。

そして、エアコンの冷えにより起こった血行不良。血行不良は抜け毛の最大の原因になりますので、エアコンの冷えから身体を守るとともに、血行不良の改善も行っておく必要がありますね。

原因を知れば、対策方法も見えてきます

抜け毛が起こる原因は、血行不良など身体の内部に問題があることも少なくはありません。

また、季節ごとに受ける環境の変化など、外部からの刺激によるものが原因となることも考えられます。

四季を通じて注意を払わなければならないのは紫外線ですが、季節による気温の変化に伴う体調の変化、花粉など、季節がもたらす迷惑な産物に対しても注意を払わなければなりません。

ですが、そのような抜け毛の原因となりうる事柄を事前に頭に入れておけば、抜け毛が起こりやすい季節が訪れた際にも落ち着いて対処することができます。

春と秋は抜け毛の季節。原因を知り、落ち着いて対策を講じましょう

慢性の血行不良などで頭皮の状態が思わしくない方にとっては、季節による抜け毛の対策というよりかは、いかに育毛を成功させるかという部分が最も気がかりなのではないでしょうか。

ですが、原因を知り対策を講じておけば、さらに育毛も効率的に行うことができますよ。

春の抜け毛・原因と対策

7a271baa5c27a07da89cb4af66670eb4_s

  • 皮脂分泌
    外気温の上昇が著しくなる3月以降には、皮脂分泌が活発になります。
    つまり、皮脂により毛穴詰まりが起こりやすくなるということです。神経質になる必要はありませんが、正しいシャンプーを行い、毛穴を清潔に保ちましょう。毛穴が汚れている状態では、育毛を成功させることも難しくなります。
  • 花粉の影響
    たとえば、眼鏡やコンタクトレンズを常用している方であれば、花粉のネバネバ感をご存じでしょう。
    恐ろしいことに、花粉は髪ばかりではなく頭皮にも付着しやすく、毛穴をふさいでしまうことがあります。
    通常のシャンプーであれば、プレシャンプーで汚れの約70%は取り去られると考えられていますが、花粉はそうは行きません。この時期のプレシャンプーは特に念入りに行うことをお勧めします。
秋の抜け毛・原因と対策
  • 紫外線
    紫外線は1年中私たちの髪や頭皮を刺激し、抜け毛を誘発します。とりわけ、3月~9月下旬までは紫外線の放射量が増え、私たちの頭皮は乾燥しやすくなります。
    この時期には帽子の着用、日傘の使用などで、紫外線が直接頭皮に降り注ぐことのないような対策を講じる必要があります。
  • 冷房器具による冷え
    クーラー病と呼ばれている独特な症状が現れるくらい、冷房器具の冷風は私たちの身体に影響を及ぼします。
    常に強風に当たり続けていると、身体全体が冷え、夏特有の冷え性の症状が現れることがあります。すると、当然頭皮も冷え性の状態となり血行不良を引き起こします。
    真夏に部屋から出ることは勇気のいることかもしれませんが、1時間に1回は外気の温度で身体を温め、冷え性から身体を守りましょう。
ホルモンバランスの崩れ

特に季節の変わり目にはホルモンバランスが崩れやすくなり、これが血行不良を招き、さらに抜け毛を引き起こしやすくします。自律神経失調症は女性に多いといわれていますが、季節の変わり目にホルモンバランスを崩してしまったがために、自律神経失調症の症状が現れてしまう方がいらっしゃいます。

特に頭痛や耳鳴り、動悸・息切れ、頻尿、多汗、精神的な落ち込みなどを感じるようになっているのであれば、この病気の疑いがあります。これでは育毛どころの騒ぎではなくなってしまいますので、ひとまず内科で治療を行い、症状が軽減されたところでゆっくりと育毛に取り組みましょう。

早めの対処は、あなたの健康を守ります

頭皮はもちろんのことですが、身体全体に少しでも異常を感じたのであれば、季節を問わずに専門医へ相談してみましょう。現在起こっている抜け毛の原因が身体の内部によるものであれば、それに対する対処は早過ぎるということはありません。

素人では発見しにくい病気であっても、専門医にかかればあっさり発見されることもあります。抜け毛の対策は、身体の内外からきちんと行いましょう。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る