急に始まった抜け毛は病気のサインかも

軽く考えていると危険な病気もあります

急に抜け毛が激しくなると、多くの方は育毛の開始を考えるのではないでしょうか。

ところが、頭皮の栄養状態に問題がなかった場合には思うように育毛を行えないこともあり、別の部分に原因が隠されているということも考えられます。

抜け毛の症状が現れる病気として筆頭に挙げられるのは甲状腺の異常、そして膠原病、鉄欠乏症貧血です。

このような病気は40代以上の女性に多く現れる病気として知られていますが、男性であっても例外ではありません。おかしいと感じたら、迷わず内科へ直行しましょう。

早期発見・早期治療の大切さについて

bfd12074012fa5b2c8d2402ba58c868e_s甲状腺の異常、膠原病、鉄欠乏性貧血などと、なにやら難しそうな病名を聞いてしまうと、それだけでひるんでしまい、検査や治療を怖がる方も多いのではないかと思います。

ですが、どのような病気であっても早期発見・早期治療で大事に至らなかったというケースは数多く存在しています。

たかが抜け毛で大げさな。そうお考えになるのはあなたの自由ですが、万が一の事態が発生してしまう前に、専門家の見解を知り、病気が見つかった場合には早期に治療を開始することが得策だとは思えないでしょうか。

あなた自身の健康が失われてしまったら、毛根も健康を失います

検査を受け、病気が見つかった場合には直ちに治療を開始する。それが今後のあなたの明暗を分けます。さらに、あなたの頭皮や毛根が健康な状態を取り戻せば、抜け毛や薄毛の心配もなくなります。

また、検査により病気が見つからないこともあるでしょう。

このような場合には、ほっと胸をなで下ろした瞬間に、ご自身の頭皮や毛根の状態を調べ、育毛の開始を考えてみるべきでしょう。

あなたご自身が健康でない限り、抜け毛の悩みから解放されることはありませんよ。

目に見える抜け毛。それは、目に見えない病気のサインかもしれません

脅かすわけではありませんが、急に抜け毛が目立ち始めたら、頭皮や毛根の状態を知るとともになんらかの病気を発症しているサインであることも考えられます。こちらでは、抜け毛に紐付く病気についてご紹介します。

甲状腺の異常

甲状腺は喉の前面部に位置しており、身体の代謝機能を司る甲状腺ホルモンの分泌を行っています。

代謝機能を司るということは、細胞の代謝にも大きく関わっているということであり、異常が現れた場合には、当然頭皮にも悪影響を及ぼします。

そしてこれが抜け毛の原因となっているということです。抜け毛に加えて以下のような症状が現れているようであれば、ひとまず内科で受診し、病気の有無を確認しましょう。

  • 冷え性になった
  • 急に便秘がちになった
  • 身体がむくみやすくなった
膠原病

関節リウマチやシェーグレン症候群などが有名です。私たちの身体のあちらこちらには結合組織と呼ばれている部分があり、その部分に現れる病状を総称して膠原病と呼びます。

膠原病を発症した多くの方は抜け毛に悩まされますが、以下のような症状も現れます。

  • 筋肉や関節の痛み
  • 微熱が続く(風邪の初期症状と非常によく似ている)
  • リンパ線の違和感や腫れ
  • 手足のしびれ、不快感
鉄欠乏症貧血

b91f66da11c8fed1b953598a68bd3b22_s文字通り、体内の鉄分が不足しているために起こる貧血の症状です。体内の鉄分が不足すると赤血球のヘモグロビン量がグンと減り、身体の各器官や細胞への血液の供給が遅れます。

この病気は男性や閉経後の女性には少なく、出産直後の女性や閉経前の女性に多く見られます。

原因としては、食事からの鉄分摂取量の不足や、胃腸障害などにより摂取された鉄分の吸収力が弱くなるというものが挙げられます。この病気もまた、抜け毛の症状が現れることがあります。

  • 急に疲れやすくなった
  • めまいや吐き気が起こるようになった
  • 動悸・息切れ

上記では、抜け毛が起こりやすくなり、生活に支障をきたす不安のある病気をご紹介させて頂きました。

抜け毛が激しくなるといきなり育毛の開始を考える方は多いのではないかと思いますが、抜け毛の陰にはこのような病気が潜んでいることも少なくはありません。抜け毛に伴い上記のような症状が現れたら、迷わずに内科で受診しましょう。

あなたご自身に変調が現れていたのでは、いくら育毛を行ったところで、その努力が水の泡となってしまう可能性が大。

確かに抜け毛も心配ですが、その大切な頭髪を作り出しているのはあなたご自身です。育毛を開始するのは、あなたの健康状態が落ち着いてからでも十分に間に合いますよ。

あなたが健康を取り戻すこと。これが抜け毛の改善にもつながります

しつこいようですが、抜け毛ばかりではなく、身体になんらかの異変が現れているのであれば、それは病気の前兆や発症を疑う必要があります。

抜け毛はショックですし、一刻も早くなんとかしたいという気持ちはわかりますが、まずはあなたの体調を整えることが先決です。育毛はそれからでも遅くはありません。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る