抜け毛対策は3つの「できるだけ」を心がけよう

ストレス、運動不足、睡眠不足の改善から始めましょう

stopwatch-73399_640いちばん厄介なのは、形のないストレスです。ストレスは人為的な問題が原因となって起こることもあります。

しかし、ご自身の生活の中のちょっとしたひとコマがストレスに結びついていることも少なくはありません。

たとえば、普段頭脳労働が多い方であっても運動不足が続けばホルモンのバランスは崩れます。
睡眠不足は血管を委縮させ、血行不良を起こします。

そしてそれらが起こす身体の変調が、新たなストレスを呼び込んでしまうことも考えられます。

血行不良が起こる原因は2とおり。

  • 身体の内部に問題が起こっている場合
  • 身体の外部から受ける刺激によって起こっている

これらをそれぞれ別物として捉えるという考え方もありますが、身体の内外のどらかに原因が生じることにより、双方が作用し合って血行不良が起こることがあります。

たとえば、長時間にわたるパソコン業務で眼精疲労や肩こりが起こり、それが原因となって大きなストレスを感じるという具合に。

育毛を考える前に、血行不良の改善に目を向けましょう

抜け毛イコール育毛。このように短絡的に考えてしまう方は案外多いのではないかと思います。

ですが、抜け毛が起こるということは、ホルモンバランスの崩れや血行不良が大きく関わっているということを忘れてはいけません。

育毛剤の前にまずできるだけ日常生活を改善していくことでも改善できる可能性があります。

できるだけストレスを溜め無い
人間関係

これが最も手ごわい原因でしょう。ですが、私たちが社会生活を送るに当たっては、苦手な人物との接触を避けて通ることができないことも多いはず。

人間関係でストレスを感じてしまったら、友人や恋人と過ごす時間を持つなど、苦楽を常にプラスマイナスゼロの状態に近付けておく工夫が大切です。

外部からの刺激

長時間に及ぶパソコン操作や、薄暗い部屋での細かい作業などは、思いのほか体力を消耗させ、それがストレスを呼び込む原因となります。

忙しくても、1時間に1回は休憩時間をとり、短時間であっても心と身体を休めましょう。

できるだけ運動をする

stretching-muscles-579122_1280わかってはいても、なかなか解消することができないのが運動不足なのではないでしょうか。

特に社会人になると、運動を行う機会はグンと減りますね。そのようなときには、次の事柄を実行してみましょう。

少しでも歩く

運動としてウォーキングを行うことが理想的ではありますが、普段からできる限り歩く機会を持つということも立派な運動です。

エスカレーターを使わない、自転車ではなく徒歩にするというように、日常生活の中で、できる限り身体を動かす工夫を行いましょう。

休憩時間のストレッチ

このような運動は、固まっている筋肉をほぐす効果があるばかりではなく、血流をよくする効果も期待することができます。

また、両手を高く上げて伸びをするだけでも、血流は変わり、血行不良の改善に役立ちます。

できるだけ睡眠を多くとる

特に残業やお付き合いが多い方は、睡眠不足気味となることが多いのではないでしょうか。

どうしても睡眠時間が短くなってしまうというのであれば、夕食後にはゆっくりとお風呂でリラックスし、身体を温めてから就寝するようにしましょう。
身体を温めれば血行不良の改善につながり、抜け毛や薄毛の防止にもなります。

さらに、以下のことに注意し、質の良い睡眠を得られる工夫を行いましょう。
一度にすべてを実行することは難しいかもしれませんが、できるところから努力を行ってみましょう。

  • 身体を温める
  • 就寝前に視神経を刺激するようなテレビの視聴、パソコンの使用は避ける
  • 就寝することに対する義務感を取り払う
  • 就寝前にあれやこれや考え込まない

血行不良が起こっているサインを見逃さないこと

血行不良はおもに、ストレス、運動不足、睡眠不足が原因となりますが、加齢により身体の代謝機能が弱まることによっても起こります。

血行不良が起こると頭皮が乾燥し、硬くなり始めます。
すると、髪を支えている毛根に大切な栄養分が届けられない状態となり、やがては抜け毛や薄毛といったトラブルに見舞われてしまう可能性が大きくなります。

また、血行不良の改善を目指し頭皮マッサージを行っても、全身の血液循環の改善を行わないことには、あまり意味をなしません。
頭皮の血行不良が起こったら、全身の血行不良の改善を考えましょう。

 

血行不良の改善は、あなたの悩みを遠ざけます

よく気をつけてみると、私たちの日常生活の中には血行不良の原因となりうる事象がゴロゴロ転がっています。
特にストレスはご自身で生み出さなくても、外部の何者かが運んでくることもあります。

しかし、それを気に病んでいると、ストレスはさらに大きくなり、抜け毛や薄毛の防止、育毛どころの騒ぎではなくなってしまうのです。
今できることから始め、あなたの大切な頭皮と髪を守っていきましょう。

 

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る