おでこのサイズ=前頭部の薄毛を調査!

昔と現在では、いろいろ認識や好みに違いがあったり、様々なことで異なるところがあります。薄毛についても、昔と比較して、今の方が多い、薄毛の人をよく見かけるといった意見を聞きますが、薄毛の人は、50年前の統計と比べても、大きく変わっていないといいます。つまり薄毛の人が多くなったというのは、外見を気にする人が増えた、または髪の毛の悩みを大きく取り上げ、育毛剤などの商品の売り上げをあげようとする企業の仕掛けなどが考えられます。
最近は芸能人などの有名人でも薄毛を隠さない人が出てきたため、薄毛の人に対する認識が改まってきている雰囲気はありますが、それでもまだ薄毛は恥ずかしい、みっともないといった考える人は多いようです。

薄毛の境界線は「6センチ」という調査結果

ある企業が全国の20代から60台の男性にアンケート調査を行ったところ、薄毛というイメージは、おでこの広さによって判断されるという結果になっています。眉間から髪の生え際までの距離、つまり、おでこ=前頭部の広さですが、これが6センチ以上になると、薄毛と認識する人が多いという結果になっています。
この結果は特に20代と30代の人が薄毛に対して判定が厳しい結果だといいます。企業の薄毛に関するアンケートは2014年にも行われていて、そのときの調査では前頭部の広さが7センチ以上になると薄毛と認識される結果になっています。それが2018年のアンケート調査では6センチになっているというのは昔と比較して外見気にする若者が多くなっているということでしょう。

薄毛対策に生活習慣の改善を

前頭部の薄毛は隠すことが難しいため、どうしても人目に付きます。前頭部の薄毛の原因は人によって様々です。しかし男性の前頭部の薄毛の原因の多くは、遺伝やストレス、男性ホルモンによるAGA(男性型脱毛症)という呼ばれるものです。
また前頭部はもともと紫外線がよく当たる位置だけに、髪の毛や頭皮が紫外線によってダメージを受けやすく、そのために薄毛になってしまう人も多いようです。遺伝の場合はともかく、ストレスが薄毛の原因の場合は、栄養バランスのよい食事や十分な睡眠、適度な運動など生活習慣の見直しが必要です。

栄養バランスの乱れと睡眠不足は育毛の大敵

栄養バランスが崩れていると髪の毛に十分な栄養が届かずに薄毛の原因になりますし、睡眠不足の状態では髪を成長させるホルモンの分泌が少なくなってしまうため、やはり薄毛になります。
そして運動不足によって頭皮が血行不良となると、髪の毛に栄養がよく運ばれず、新しい髪の毛が生えてきても細くなってしまい、髪の毛のボリュームがなくなってしまいます。睡眠を十分にとり、栄養バランスの取れた食事をして、適度な運動をするというのはと糖尿病などの生活習慣病の予防や対策に有効なことですが、それは髪の毛と頭皮にとっても同じなのです。

医療の力で薄毛対策

薄毛対策について、自分で栄養バランスを考えた食事をすることが難しい、ストレスを解消できないといた場合は、医療機関で治療を受けたり、育毛剤などを使用する方法があります。しかし、薄毛治療では、皮膚疾患が原因の薄毛であったり、医薬品の副作用によるものといったケース以外は保険が適用されない自由診療になってしまいます。
そのため治療費が毎月数万円といった金額になってしまう場合があります。使用する医薬品に安価なジェネリックを使用すれば多少は治療費を抑えることができますが、それでも大きな出費を強いられることになります。
そのため海外から育毛剤を輸入して利用する人も多いようです。日本でも育毛剤は販売されていますが、海外の育毛剤の方が効果が高いといわれているため、海外の育毛剤を使っている人が多いのです。

海外の育毛剤を購入するには?

海外の育毛剤を輸入するには、自分で厚生労働省の地方支分部局に書類を提出して、薬事法に違反する輸入でないことの証明した上で育毛剤を輸入するか、輸入医薬品を扱っている医薬品の販売サイトで購入することになります。

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る