びまん性脱毛症

びまん性脱毛症とは、女性に多いといわれている脱毛症です。びまんとは広範囲に広がることで、その意味の通り、びまん性脱毛症は広範囲にわたって髪の毛が薄くなってしまうことです。
同じ薄毛、脱毛の悩みでも性ホルモンの関りにより、女性の場合は男性のよう頭部の天辺がきれいにハゲてしまったり、額が禿げ上がってしまうといった症状にはなりにくいのですが、髪の毛が全体的に減ったことにより、スタイリングが決まらなくなったり、分け目やつむじが目立つようになってしまいます。
女性にとって見た目が老けている状態になってしまうのは大きな悩みとなります。びまん性脱毛症は今まで加齢によって現れる症状で、40代から見られるといわれてきましたが、最近では20代や30代の女性にも見られるようになっています。

FAGAは男性の脱毛症、AGAの女性版

最近、女性に急増しているといわれる脱毛症が、FAGA(女性男性型脱毛症)です。FAGA(女性男性型脱毛症)はびまん性脱毛症の一例であり、男性ホルモンが原因であることから、男性に多くみられるAGA(男性型脱毛症)という脱毛症の女性版といってもよいでしょう。
FAGA(女性男性型脱毛症)は加齢と共に女性ホルモンの力が弱くなり、代わりに男性ホルモンが強くなることが原因です。ただし同じ男性ホルモンが原因の脱毛症であっても、男性のAGAと女性のFAGAでは症状の出方が異なります。
男性のAGAは頭頂部や生え際が薄くなっていきますが、女性の場合は頭部全体に薄毛になっていきます。

髪が育たないことによって起きる休止期脱毛症

休止期脱毛症もびまん性脱毛症の一種です。髪の毛はずっと伸び続けているわけではなく、新しい毛が生えてきてその毛が成長し、そして抜けていくというサイクルがあります。
健康な状態であっても、数年ごとに髪の毛は生え変わるのです。休止期脱毛症とは、成長期にある髪の毛が成長を止めてしまうために薄毛となってしまう脱毛症です。
休止期脱毛症は新しく生えてきた髪の毛が成長期に入って成長をストップさせてしまうため、髪の毛が十分に太く、長くならずに軟毛化してしまいます。
その結果、髪の毛にボリュームがなくなって薄毛になってしまうのです。休止期脱毛症の原因もホルモンバランスが崩れたことによって起こる脱毛症で、子供を出産した女性が出産後に起こすことが多いことから、分娩後脱毛症ともいわれています。
なお、休止期脱毛症は、過度のストレスによっても起こります。ストレスが原因の場合は、そのストレスを解消することによって脱毛症も解消することができ、一時的なもので済みます。

脱毛のお悩みは早めの対策が有効

脱毛症は誰でもなってしまうものです。そのため脱毛症の症状を確認したら、悩んでストレスを溜めてしまい、その結果、より脱毛症を悪化させてしまったり、誤った対策を行って悪化させてしまうこともあります。
そのためそうなる前、医師の治療を受けるなど、早めの対策を検討した方がよいでしょう。ただし、薄毛や脱毛の治療は保険が適用されない自由診療のため、保険が適用されず治療費が大きくなってしまいます。しかし医薬品に安価なジェネリック医薬品を利用すれば治療費を軽減できます。

輸入医薬品の購入にあたって

薄毛・脱毛対策には、医師の治療を受けずに育毛剤を利用する方法があります。
育毛剤は日本製ものと海外製のものがあり、海外の育毛剤を利用するにはもちろん、海外から輸入することになります。医薬品の輸入は薬事法によって定められており、個人が輸入する場合は地方厚生局に必要書類を提出し、薬事法に違反していないことを示す必要があります。

輸入医薬品サイトの利用にあたって

海外製の育毛剤を手に入れるには輸入医薬品を扱う個人輸入代行業者から購入する方法もあります。ただし、個人輸入代行業者の中には、薬事法の承認や認証を受けていない輸入医薬品を扱っているところもあるため、大手の輸入医薬品サイトから購入するなど、注意が必要です。
また育毛剤の中には、妊娠中には使用できないものなどもあるため、使用方法をよく確認しましょう。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る