女性の薄毛には酸化が大敵!?対策とはいかに!

以前は女性が薄毛、脱毛に悩むことはあまりなく、薄毛、脱毛は男性の悩みというのが一般的な認識でした。
しかし最近は女性も薄毛、脱毛に悩む人が多くなっています。
男性と女性の薄毛・脱毛は異なり、男性の薄毛・脱毛はAGA(Androgenetic Alopecia=男性型脱毛症)によるものです。AGAとは直訳すると男性ホルモン依存性脱毛症で、男性ホルモンが関係して薄毛、脱毛となります。
しかし女性の薄毛、脱毛の半数はFAGA(女性男性型脱毛症)といわれるものです。FAGAは40代から発症する人が多く、そのため加齢とともに薄毛・脱毛に悩む女性が多くなっています。これは加齢と更年期によって女性ホルモンが弱くなり、男性ホルモンの方が強くなることが原因です。

FAGAだけが原因ではない、女性の薄毛

女性の薄毛、脱毛はFAGAだけでなく、様々な原因があり、20代の頃から薄毛・脱毛に悩む女性も多くいます。そんな薄毛・脱毛の原因のひとつとして皮脂汚れがあります。皮脂の汚れが毛穴に詰まることで薄毛になってしまうのです。
皮脂汚れは時間と共に酸化して角栓となり、毛穴を塞いでしまいます。さらに角栓は時間と共に悪臭を放つようにもなりますし、皮膚炎の原因になります。毛穴が塞がれ、頭皮が不潔な状態になることで薄毛を引き起こしてしまうのです。

薄毛対策の基本は清潔を保ち血行を良くすること

薄毛の予防の第一は、シャンプー方法や食生活を見直して頭皮を健康な状態にすることです。
ブラッシングをして大きな角栓を落とした上で、マッサージをしながら頭皮と洗うことによって、頭皮の血行促進効果を期待することができます。頭皮の血行がよくなれば、髪の毛の先まで栄養が届くようになるため、育毛効果を期待できます。
シャンプーではよく洗い流すことも重要です。洗い流しが足らずにシャンプー剤が頭皮に残っていると、それが角栓の元になってしまう場合もあります。

栄養のバランスももちろん重要

髪の毛にとって重要な栄養素であるたんぱく質やビタミンやミネラル不足しているといった栄養バランスの崩れは薄毛・脱毛を引き起こすため、栄養バランスのよい食事を心がけましょう。
高脂質の食べ物を過剰摂取してしまうと、皮脂分泌が多くなってしまうため要注意です。特にジャンクフードは脂質が高いため、食べすぎに注意しましょう。

薄毛治療の費用問題を解決してくれるジェネリック医薬品

薄毛・脱毛対策には、薄毛治療を行っているクリニックにかかる方法もあります。
しかし、薄毛・脱毛治療は自由診療のため、保険が適用されず治療費が大きくなってしまいます。そのため価格の安いジェネリック医薬品を使う人が多くいます。ジェネリック医薬品とは先発医薬品の特許が切れた後に発売されるもので、新薬と同じ有効成分が含まれ同じ効き目の期待できるにも関わらず価格が安い医薬品のことです。
最近は診療を受けた際に医師からジェネリック医薬品にするかどうかを問われるようになったことから、ジェネリック医薬品が使いやすくなっています。

海外の育毛剤は効果が高い

薄毛・脱毛対策には、育毛剤を利用する方法もあります。育毛剤には日本製のものと海外製のものがあり、海外製の育毛剤の方が効果が高いと一般的にいわれています。
海外製の育毛剤を入手するには、個人で輸入医薬品を輸入する方法と、個人輸入代行業者が運営するショッピングサイト上などから購入する方法があります。
医薬品は人の健康や身体等に直接影響することから、その扱いは薬事法によって定められており、科学的なデータに基づいて検証されて安全が確認されたものが国内で流通するようになっています。
そのため個人で輸入医薬品を輸入する場合は、地方厚生局に必要書類を提出して薬事法に違反していないことを証明する必要があります。
個人輸入代行業者から輸入医薬品を購入する場合は書類の提出などの面倒はありませんが、代行業者の中には薬事法の承認や認証を受けていない医薬品を扱っているところがあるため注意が必要です。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る