抜け毛の種類…あるんです!!~ 危険な抜け毛、自然な抜け毛

自分の髪の毛が抜けてしまうことを抜け毛といいます。実はこれにはいろいろな種類があります。どんな種類の抜け毛であるのかがとても重要となるのです。

抜け毛には種類がある

たとえばヘアサイクルによる抜け毛があります。ヘアサイクルというのは休止期、成長期、退行期という3つのサイクルが進行していくことによって、髪の毛が抜けて新しく生えることです。このようなサイクルに伴って生じる抜け毛のことを自然脱毛といいます。こちらのタイプの抜け毛は自然な減少であり、まったく問題ありません。

一方、萎縮毛というタイプの抜け毛があります。こちらは注意しなければいけません。萎縮毛というのは毛根が細く尖っている状態となっていることです。このような形の抜け毛が生じたならば注意しましょう。萎縮毛というのはヘアサイクルの成長期のときに何らかのダメージを受けたことが原因となっています。毛の成長が阻害されてしまい、途中で成長がストップしているのです。このようにしてできたものが萎縮毛です。萎縮毛はとてももらいために、成長期であってもどんどん抜け落ちてしまいます。したがって、萎縮毛によって脱毛症になってしまう可能性があるため気をつけましょう。

その他の抜け毛について

びまん性脱毛症というタイプがあります。こちらは女性によく見られるタイプの抜け毛となっています。こちらの特徴は毛根にふくらみがないという点です。女性にとっての脱毛症といえるでしょう。そのため女性男性型脱毛症と呼ばれることもあります。髪の毛全体がどんどんん薄くなってしまうのがびまん性脱毛症の特徴となっています。そのため、なんだか髪の毛のボリュームがなくなってきたと感じる場合にはびまん性脱毛症を疑うと良いでしょう。更年期前後に症状が出てくることが多いです。そのため加齢が原因となっていると考えられています。ただし、他にもいろいろな原因があります。髪の毛のダメージがたまりすぎていたり、ダイエットやストレス、食生活の乱れなども原因となっています。

さらには感嘆詞毛という脱毛症もあります。こちらは毛の根本の部分が先細っていたり、折れ曲がっている事があります。このことから、感嘆詞毛と呼ばれるのです。まるで感嘆詞のような形状をしていることからこのような名称がつけられています。感嘆詞毛は円形脱毛症の症状として見られることが多いです。そのため、円形脱毛症の治療を受けると、このような症状はなくなっていきます。

抜け毛を防ぐための方法

それではどのようにすれば抜け毛を防ぐことができるのでしょうか。まずアミノ酸を摂ることが大切です。体内にアミノ酸が不足してしまうことによって、抜け毛が進行しやすくなるとされています。髪の毛というのはタンパク質であり、タンパク質というのはアミノ酸によって構成されているからです。したがって、アミノ酸を摂ることによって、タンパク質の構成要素をしっかりと摂り入れることが可能であり、これによって髪の毛を成長させることができるのです。アミノ酸を摂るためには肉類や魚類、大豆類などをバランス良く食べましょう。

さらに育毛剤を使うことをおすすめします。これによって血行を改善させることができれば、アミノ酸をはじめとした栄養をしっかりと頭皮の方まで運ぶことができるのです。その際には輸入医薬品を活用すると良いでしょう。輸入医薬品というのは海外で販売されている医薬品を輸入して使うということです。輸入医薬品の方が種類が豊富であり、日本よりも安価で入手できる可能性が高いです。ただし、きちんとした入手ルートを利用することをおすすめします。そうしないと質の悪いものを手に入れてしまいかねません。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る