ついに!!もう悩まなくてもいいんです!

薄毛治療の研究はどんどん進んでいます。最近は日本美容皮膚科学会によって世界初となる画期的な方法が提案されました。こちらに注目してみましょう。

機能性ペプチドを使った治療法

日本美容皮膚科学会ではさまざまなセミナーを開催しています。そこではさまざまなものが紹介されているのですが、薄毛治療に効果があるとされる毛髪用注入剤が紹介されたことが注目されています。世界初となる機能性ペプチドによる治療法が発表されたのです。これはアミノ酸が結合するペプチドに対して他の物質を接合させて、これによってさまざまな効果を期待できる機能性ペプチドを作り上げたというものです。これを毛髪用注入剤として頭皮に注射することによって効果を発揮します。毛髪用注入剤は徐々に流れていきます。この効果を維持するために併用できるシャンプーやローションも開発されているのです。そちらにはさまざまな生薬が配合されています。

このような機能性ペプチドを用いた治療法が日本美容皮膚科学会のセミナーで紹介されて注目されているのです。性別や年齢を問わず、薄毛や脱毛に悩んでいる方を救うとされているのです。毛髪移植をしたあとの生着率を高めるためにも効果を発揮するとされています。

ペプチドというのはアミノ酸がつながってできた分子のことです。このペプチドにさまざまな機能をもたせたものが機能性ペプチドと呼ばれています。どのような順番でアミノ酸を結合させて、その他の物質を接合させるかによって、効果は違うのです。機能性ペプチドはとても有用な物質として注目されています。薄毛に応用された上記の治療法は世界初なのです。

日本ではまだ未承認

上記で紹介した治療法はヘアフィラーというものです。こちらは日本ではまだ未承認となっています。したがって、国はこちらの治療法をまだ認めてはいないのです。薬というのはそれぞれの国が規制しているものであり、さまざまな基準が定められています。その基準を満たしているものはどんどん承認されていく仕組みとなっています。

未承認の薬を使うことができないのかといえば、そういうわけではありません。たとえば医師が個人輸入をして未承認の薬を入手してそれを患者に服用させているというケースもあります。未承認薬のデメリットとしては保険が適用されないということです。日本は回保険制度のある国であり、基本的に病院で治療を受ける際に処方される薬というのは保険が適用されています。そのため未承認薬というのは価格が高くなってしまいます。

ただし、薄毛治療に関しては基本的に保険適応外となっています。そのため、承認されていても、未承認であってもあまり価格的には違いがないといえるでしょう。そのためこれから日本でヘアフィラーを使うケースはどんどん増えていくでしょう。実際にこちらを利用している美容クリニックが増えているのです。価格については自由診療のためそれぞれのクリニックによって違います。1回6万円程度となっています。

輸入医薬品やジェネリックについて

輸入医薬品というのは個人輸入をして買うこともできます。実際に輸入医薬品として育毛剤を購入して使っている方もいます。その中にはジェネリック医薬品も含まれています。ジェネリックならばより安い価格で育毛剤を入手することができるでしょう。ジェネリックは効果が保証されているため、安心して使うことができるのです。

ヘアフィラーに限らず、これからは輸入医薬品が使われるケースは増えていくでしょう。薄毛治療の研究というのは日本だけではなくて海外でも積極的に行われているいのです。海外で流行っている薄毛治療に効果的な薬があり、それが日本で未承認となっているならば、ぜひとも入手してみたいと思うでしょう。ネットを使って注文すれば実際に使うことができます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人気記事\

Sorry. No data so far.

ページ上部へ戻る