正しい方法教えます!

最近では、男性だけでなく女性の方も薄毛に悩んでいる方が増えております。そのせいか海外の有名なジェネリック輸入医薬品なども多く利用できる環境が整いつつあり、10年前とは比べ物にならないくらい薄毛の方に優しい環境が整いつつあります。以前は、高価なシャンプーであったり、ジェネリック輸入医薬品などが薄毛対策として主流だったのですが、最近ではライフスタイルを積極的に変えて、薄毛のなる原因を元から絶つような方法も注目されつつあります。その中でもブラッシングはとても注目されていて、手間もかからず効果がでるので非常にコストパフォーマンスの高い薄毛対策となっております。

ブラッシングの効果

ブラッシングが人体にもたらすメリットは大きく分けて3種類あります。1つ目は、からんだ髪をほぐすという本来の効果です。絡んだ髪の毛をほぐす事によって、抜け毛を減らす事ができますし、汚れを取り除く整髪効果も期待できます。髪の毛をほぐすのと同時に髪や頭皮に付着したホコリやフケも取り除く事ができますので、頭皮や毛髪環境を清潔に維持する事ができます。2つ目は、うるおい効果です。ブラシを根元から毛先に向けて入れる事によって、髪全体に皮脂を行き渡らせる事ができます。一部に油脂を溜めるのではなく、乾燥しがちな毛先に油脂を行き渡らせますので、とてもつややかでうるおいのある日本人らしい髪の毛を維持する事ができます。そして3つ目がマッサージ効果です。ブラッシングをすると、髪の毛をとかしながらも頭皮に刺激を与えます。ブラッシングの刺激によって血行促進され、髪の先端までしっかりと栄養が届くようになります。ブラッシングによる刺激は、髪の成長促進にも良い影響を与える事がわかっており、健康な髪の発育を促す事が出来ます。この3つ目の効果が菅にも非常に有効になってくるのです。

ブラッシングの正しい方法

ブラッシングは正しい方法で行わないと意味がありません。最初に行わなければいけないのがブラッシングしやすい環境を整える事です。髪の毛がパサつきやすい冬などは、ブラッシング用のスプレーなどを髪の毛を軽く濡らしてからブラッシングを行います。ブラッシング用のスプレーが無い場合には、代替え案としてブラシを軽く濡らしつつブラッシングを行います。摩擦を減らしながらブラッシングをする事で絡みやすい髪の毛を少なくし、枝毛や切れ毛を無くします。そして毛先から根本へ徐々にブラッシングをして行きます。根本から行うとどうしても毛先に負担がかかりやすくなってしまいますので注意が必要です。とにかく力を入れずに行う事が重要になります。

ブラッシングの育毛効果

ブラッシングを行う事で頭皮に適度な刺激が与えられ血行促進効果があります。薄毛の方は頭皮に栄養が行き渡っておりませんので、ブラッシングによって血行促進する事によって育毛効果が期待できます。また、ブラッシングは頭皮についているフケやゴミ、余分な皮脂などを剥がして浮かす効果があります。普段のシャンプーだけでは取れなかったフケや汚れを除去できるような環境を整えますので、育毛効果が期待できます。

頭皮の状況は畑と同じです。畑に栄養が無ければ作物が育つはずがありません。もちろん頭皮に栄養を与える意味でもジェネリック輸入医薬品などはとても重要になるのは間違いありませんが、よりジェネリック輸入医薬品を浸透させるためには、フケや余分な皮脂などをしっかりと取り除いた方が良いのは明白です。力いっぱいシャンプーをしてしまうと、頭皮の余分な油脂だけでなく、必要としている油脂を剥がしてしまったり、頭皮に傷をつけてしまってフケやかゆみの原因になってしまいます。しっかりと薄毛対策にチャレンジしたいのなら、丁寧にブラッシングする事から初めてください。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る