女性の円形脱毛症

20代の女性の方でも薄毛に悩む方が増えてきました。その為、これまでは男性向けだった薄毛に悩みは、男女問わず多くの方の悩みとなりました。男性の薄毛と女性の薄毛は原因が違うものも多く、女性の円形脱毛症などは慎重に原因を究明しないと効果的な治療を行う事ができません。そこでこちらのページでは、女性の円形脱毛症
の原因や治療法などについての情報をご紹介します。

女性の円形脱毛症の原因

円形脱毛症は、10円ハゲという呼ばれ方もしており、円形の抜け毛が頭全体に広がってしまう症状です。円形脱毛症には単発型や多発型とよばれる通常型以外にも全島系、蛇行状脱毛症、汎発性などの種類があります。女性の円形脱毛症の原因として挙げられるのが、自己免疫疾患です。この自己免疫疾患がどのような病気なのかというと、正常でしたら身体を守るべき自己免疫力が、何らかのトラブルで髪の毛を成長させるために重要な役割を担っている毛包を攻撃し破壊してしまいます。これにより、円形脱毛症が出てしまいます。この自己免疫疾患が原因の円形脱毛症は、女性の方に多い症状です。その原因としては、女性ホルモンに多く含まれているエストロゲンが自己免疫疾患に強い影響を与えていると考えられているからです。2つ目の理由としてはストレス性の円形脱毛症が挙げられます。男性はもちろん女性はストレスが過度にかかると脱毛の症状が現れます。特に妊娠や出産などといった精神的に大変な事が起こる前後はとてもストレスがかかりますので、円形脱毛症の症状が出やすくなってしまいます。

単発型の円形脱毛症

複数ある円形脱毛症の中でも女性の方が患いやすいのが単発型の円形脱毛症です。この単発型の円形脱毛症は、ストレスや遺伝などもありますが、先ほどご紹介した自己免疫疾患などが原因となっております。一時的なストレスによって症状が現れるようになっておりますが、症状的にはかなり軽い部類になっておりますので、改善する可能性が最も高い円形脱毛症になります。まれに重症化するケースもありますが、しっかりと対応する事ができれば、単独型の円形脱毛症は怖くありません。

女性の円形脱毛症の治療

女性の円形脱毛症も男性と同じ皮膚科を受診するのがおすすめです。びまん性脱毛症の場合には、保険適応外となってしまいますが、大抵の円形脱毛症は保険対象になります。色々な治療法がありますが、症状に合わせて選択してもらう事ができますので、安心して治療をお任せする事ができます。最近とくに選ばれているのがステロイドの投与になります。このステロイド剤の投与は、自己免疫疾患などによって過剰に活動している免疫を抑える効果を期待して行っている治療法になります。円形脱毛症を起こしている部分に直接ステロイド剤を注射器によって注射する事によって、高い治療効果が期待できます。また、注射以外にも点滴によってステロイドパルス療法という方法もあります。ステロイド剤の注射や点滴以外にもステロイドの内服薬であったり、円形脱毛症に効果的なステロイドや塩化カルプロニウム、ミノキシジルなどが含まれた塗り薬を塗布するような方法もあります。
円形脱毛症は初期段階でしたらこのような治療方法で完治する事も可能ですが、重症化してしまった場合には、ジェネリック輸入医薬品などを使用して治療するのもおすすめです。ジェネリック輸入医薬品は、以前は効果で使用するのを躊躇してしまうような薬も非常にリーズナブルな価格で使用する事が出来るようになっております。特に薄毛治療は、かなり期間がかかりますので、ライフスタイルに影響を与える事のないジェネリック輸入医薬品を使うのは非常に有益な方法だと言えます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る