梅雨の頭皮トラブル解決!

日本では、四季がある代わりに梅雨もあります。北海道を除き日本では梅雨に入るととても湿気が強くなりますので、ジメジメと過ごしにくい時間が続きます。雨などで過ごしにくいのはもちろんなのですが、実は梅雨の時期には頭皮環境にも悪影響を与えてしまいます。特に薄毛に悩む方にとっては梅雨は天敵とも言える時期ですので注意が必要になります。そこでこちらのページでは、梅雨と薄毛の関係性についての情報を調べてきましたのでご紹介させて頂きます。

梅雨と頭皮環境の関連性

頭皮環境にとっては、梅雨はあまり良くない影響を与えてしまいます。これは知らない方も多いかも知れませんが、頭皮環境の一番の敵は湿気です。梅雨になると気温だけでなく湿度が一気に高くなってしまい頭皮環境が悪化してしまいます。梅雨の高温多湿な状況は頭皮が汗をかきやすくなる条件が揃っています。汗をかき、汚れのある頭皮環境では、カビ菌などのをはじめとする雑菌が多く繁殖します。特に髪の長い方や帽子をかぶっている方の場合には、どうしても頭皮にカビ菌が繁殖しやすくなってしまいますので、こまめな頭皮ケアを行わないと頭皮環境があっかしてしまい薄毛の原因になってしまいます。

紫外線にも要注意

頭皮環境の悪化は湿気による物だけではありません。梅雨の時期には梅雨明けに訪れる夏の影響が出やすいという事もあり、とにかく日差しが強くなってくる時期となっております。紫外線は頭皮環境を悪化させ、抜け毛を増やす要因になります。強い紫外線を浴び続けていると、頭皮環境が自衛のために皮脂を多く分泌し、頭皮を守ろうとします。この際に皮脂が余分に出過ぎてしまうと脂漏性皮膚炎の症状が現れるなど、頭皮環境が著しく悪化してしまいます。脂漏性皮膚炎の原因はカビ菌の一種のマラセチアという菌です。マラセチアというカビ菌は、余分な皮脂を分解する事ができるのですが、分解後は炎症の原因となる物質も作ってしまいます。このマラセチアというカビ菌は、普段も常駐しているのですが、梅雨時期のように皮脂の分泌量が増えるとどんどんと増殖してしまい頭皮に悪影響を与えてしまうのです。

梅雨の時期こそしっかりと頭皮ケアを

梅雨の時期はどうしてもカビ菌が繁殖しやすい環境になっておりますので頭皮ケアは重要になります。その為、梅雨以外のときよりも頭皮に対するダメージをしっかりと減らす必要があります。日常生活で意外に頭皮の負担になっているのがドライヤーです。高温のドライヤーの風を当てながら乾かすとどうしても髪の毛は傷んでしまいます。しかし、濡れたままで眠ると髪の毛同士がこすれてしまい、余計にダメージを与えてしまいます。その為、髪の毛をしっかりと乾かすために最初に念入りにタオルドライをするようにしてください。タオルドライを念入りに行う事によって、ドライヤーの時間を短縮する事ができます。タオルドライはなるべく指を立てて行うと、髪の毛のダメージを半減する事ができますのでおすすめです。

梅雨の時期にはカビ菌をはじめ、とにかく雑菌が繁殖しやすい時期となっております。その為、どうしても抜け毛が増えてしまいます。梅雨明けには紫外線の強い夏が着ますので、しっかりとヘアケアをしながら備える必要があります。薄毛ようのジェネリック輸入医薬品などは、頭皮環境を改善する物も登場しており、リーズナブルな価格で入手する事ができるようになってきております。ジェネリック輸入医薬品は、値段もいろいろですので、しっかりとレビューなどを参考にしながら購入してください。特に自分の症状と合っていないジェネリック輸入医薬品をつかいつづけてしまうと、お金と時間の無駄になってしまいますので要注意です。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る