多くのクリニックが採用する「HARG(ハーグ)治療」とは何か?!

日本人の多くの方の頭を悩ませている薄毛。これまでは中年男性特有の悩みであったのに対して、最近では20代などの若い方でも薄毛に悩まされている方が増えてきました。また、女性の方も薄毛で悩んでいる方も増えており、大手メーカーなどからは女性向けの発毛効果のあるジェネリックであったり、輸入医薬品なども登場し話題になっております。そんな中で最近特に注目を集めているのがHARG(ハーグ)という毛髪を再生させる治療です。そこでこちらのページでは、男性の方にも女性の方にも効果のある毛髪を再生させるHARG(ハーグ)という治療方法についての情報をご紹介します。

HARG(ハーグ)療法とは

HARG(ハーグ)療法とは、Hair Re-generative theraphyという英語の頭文字を取った名前の治療法で、日本語に翻訳すると毛髪再生治療になります。HARG(ハーグ)療法は、毛髪を再生する事ができますので、これまで効果的な治療方法がなく悩んでいる方の多かったAGAと呼ばれる男性型脱毛症であったり、FAGAと呼ばれる女性男性型脱毛症など、男女に関係なく効果のあるAGA治療方法となっております。

HARG(ハーグ)療法の内容とは

HARG(ハーグ)療法の内容は。頭皮に対して脂肪幹細胞から抽出した成長因子AAPEと呼ばれる幹細胞抽出増殖因子蛋白質であったり、発毛に効果的な栄養素としても有名なビタミン類やアミノ酸などを配合したHARGカクテルを頭皮に注入する治療法になります。HARGカクテルを頭皮に注入する方法としては、注射針などによって直接HARGカクテルを注入するパピュール法や、皮膚にフラクショナルレーザーで極小の穴をあけて、そこからHRAGカクテルを浸透させるフラクショナルレーザー法、頭皮の表皮にHRAGカクテルを注射するナパージュ法、とても細い注射針のついている医療用のローラーによってHRAGカクテルを浸透させるダーマローラー法などがあります。

HARG(ハーグ)療法の魅力とは

HARG(ハーグ)療法の魅力として最も大きな物は、髪の毛が生えやすい頭皮を取り戻す事にあります。これまでは遺伝によって薄毛になってしまっている方であったり、毛穴が見えなくなってしまっているような重度な薄毛、頭皮がカチカチに固まってしまっていて、血液が上手に流れないような状態の頭皮であってもHARG(ハーグ)療法によって改善させる事ができるようになっております。これまでのAGA治療が定期的にクリニックでAGA治療を行わないと発毛しなくなってしまったりしていたのですが、HARG(ハーグ)療法でしたら自然に髪の毛を生やす事ができるような頭皮の状態を維持することができますので、HARG(ハーグ)療法によって健康になった頭皮を維持する事ができれば、再びクリニックなどに通う必要がありません。ジェネリックや輸入医薬品などでAGA治療薬を購入する事もありませんので非常にコストパフォーマンスに優れております。

HARG(ハーグ)療法も注意点

HARG(ハーグ)療法を行うためには事前に知っておいて欲しい事があります。例えばHARG(ハーグ)療法は効果が現れるまでに個人差があり、三ケ月で現れる方も居れば、八ヶ月以上かかる方もいます。HARG(ハーグ)療法を行う回数も五回程度クリニックに通えば完了する方もいれば、倍の10回程度クリニックに通院し治療しなければいけない方もいます。HARG(ハーグ)療法は一回で10万円程度が相場となっておりますので、その点もしっかりと理解した上でクリニックに通うようにしてください。

HARG(ハーグ)療法は、一般的なAGA治療で使用されているジェネリックであったり輸入医薬品のようにアレルギー物質が含まれておりません。ジェネリックや輸入医薬品を要したくてもアレルギーなどの副作用が心配なため敬遠していた方でも安心して使用する事ができるAGA治療方法になります。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人気記事\

Sorry. No data so far.

ページ上部へ戻る