髪が抜け始めてからどのくらいでハゲになるの??

最近抜け毛が多くて困っている方は、抜け始めてからどのくらいでハゲになるのかを心配している方も多くなっております。最近では抜け毛は40代以上の男性だけでなく、20代の男性であったり、女性の方にも深刻な問題となっております。

髪の毛の抜ける量

人間の髪の毛は毎日抜け落ちております。そのため、抜け毛が増えたといっても、どの程度の量が増えているのかをしっかりと把握する事によって、現時点の症状をチェックする事ができるようになっております。頭皮の正常な方の場合には、一日あたり平均して50本から100本くらい抜けております。自分はそんなに抜けていないと思われるかも知れませんが、外を歩いている時に自然に抜けて居たりもしますので、気付かないうちに抜けている事があります。平均すると年間2000本から3500本程度は抜けていて、新しい髪の毛になっている計算になります。この数字が一般的な抜け毛の量と言われております。人間の髪の毛は10万本と言われておりますので、一般的な方は約3年で全て生え変わる事になります。

毛周期の乱れ

薄毛に悩んでいる方の中には髪の毛の本数は十分なのですが、生えてくる髪の毛が非常に細かったり、生えてきた髪の毛が太く黒々とする前に抜け落ちてしまうために、薄毛になっている方がいます。これは、毛周期という髪の毛が頭皮で作られて成長し抜け落ちてしまうヘアサイクルが乱れてしまっているような可能性があります。髪の毛は成長期、退行期、休止期の期間が順番に繰り返される事によって作られています。常に生えているわけではなく、一度抜け落ちて、次の髪の毛が生えてくるまで休んでいる期間もあるのです。休んでいる期間が長ければ長いほどハゲの症状が如実に表れますし、逆に成長期の髪の毛がしっかりと伸びきる前に抜け落ちしまうようなサイクルの場合には、同じくハゲているように見られます。

最近抜け毛が多いと感じたら

抜け毛は一年の中で秋が最も多いと言われています。しかし、抜け毛の量は個人差がありますので、一概には言えませんが、脱げ毛の量が増えて来てしまうと、ハゲている部分が目立つようになりますので、早急な治療が必要となります。抜け毛を減らすために育毛剤を使用するのも重要な事になりますし、一般的な抜け毛ではなく、AGAが原因の抜け毛の場合には、AGA治療として効果のあるジェネリックなどのAGA治療薬であったり、国内で販売されていない輸入医薬品などを購入し、使用する必要があります。

AGA治療

AGAはいわゆる若ハゲの事です。20代や30代でハゲが気になる方は、このAGAが原因となっております。最近では女性の方のAGAも社会問題になっておりますので、30代以下の男性だけでなく、女性の方もAGA治療を行っております。AGA治療は、生活習慣を改善したり、ストレスを軽減させるような事で改善する事もありますが、最近では薬剤によるAGA治療が主流となっております。特にフィナステリドとミノキシジルの二種類の薬剤はかなり効果的な治療効果がありますので、どの製薬会社も積極的な開発を行っております。フィナステリドとミノキシジルは、ジェネリックが出ておりますので、経済的な負担を少なくして治療する事ができます。成分が同じジェネリック医薬品は、長期的な服用が必要なAGAの治療においてかなり経済的な負担を解消してもらう事ができます。 以前は高価だったフィナステリドとミノキシジルは輸入医薬品を使用して少ない負担で治療している方も多かったのですが、ジェネリックの登場により、輸入医薬品を使用することなく、リーズナブルな治療薬を使用できるようになりました。これにより、多くの方がAGA治療を行えるようになりました。これまで輸入医薬品のリスクを恐れていた方もジェネリックによって気軽に治療する事が出来るようになってきているのです。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る