意外!!関西人が一番、薄毛治療にお金かけてるって知ってた?!

男性の方は肉体的な衰えはもちろんの事、最も目立ちやすい頭皮の衰えについてかなり悩んでいる方が増えています。」40代にもなれば薄毛を気にしている方が大半になるデータもあるくらい、日本人と薄毛の悩みは密接な物になっているのです。

関西人はヘアケアやAGA治療にかける費用が高い

ある調査会社によって調べられたアンケートによると、関西人はヘアケアやAGA治療にかける費用が高い事がわかっております。関西人はどケチという印象がある方も多く、関西人はヘアケアやAGA治療にかける費用が高いという調査結果に驚かれた方も多いと思います。関西エリアの中でも大阪府と兵庫県は、ヘアケアやAGA治療にかけるお金の額が高くなっております。特に大阪府は月に5,000円以上ヘアケアにかけていると答えた方が16.6パーセントにも達しています。日本の全国平均が6.7パーセントだという事からみると、この数字がいかに高い事かご理解頂けると思います。また、その効果からか、頭髪の状態が健常だと答えた方の割合も大阪府は全国2位になっております。

関西だけでなく関東の方にも選ばれているヘアメディカルグループ

ヘアメディカルグループは、名古屋や大阪、福岡、東京などで積極的に髪の毛のトラブルに対して治療を行っているグループです。頭皮のトラブルで多くの方が訪れる皮膚科だけでなく、形成外科であったり、メンタルヘルスなどのそれぞれの分野の医師が連携し、AGA治療を行っております。

AGA治療以外のヘアメディカルグループが行っている取組み

ヘアメディカルグループはAGA治療以外にも積極的に毛髪のトラブルの解消を行っております。最近増えている円形脱毛症などに対しても積極的な治療を行い多くの方の信頼を得ています。円形脱毛症は自己免疫性疾患という、毛を作る毛包の部分にリンパ球という免疫担当細胞が浸潤して起こると事が原因と言われております。ヘアメディカルグループでは、患者自身の生活パターンであったり体調を見直す指導を行いながらも、ステロイド注射であったり、局所免疫療法の対処療法などを行い改善させております。ヘアメディカルグループは、AGA以外の脱毛症に悩まれている患者の悩みも積極的に改善する事ができるのです。

ヘアメディカルグループの活動

ヘアメディカルグループでは、色々な医科大学と協力する事により、これからの日本の薄毛治療のスタンダードになるような研究開発をしています。日本医科大学とは薄毛の原因についての研究を進めています。特にこれまでは難しいとされていたヒト毛乳頭細胞の培養を伸展するチャンバーで行う事により、力学的な刺激が毛髪サイクルに与える影響を研究などを進めています。また、防衛医科大学校とは。超高分解能頭皮MRI測定を使う事によって放射線医学講座であったり頭皮の厚さとAGAの関係性などについての研究をすすめています。聖マリアンナ医科大学とは、頭皮細胞の再生医療の研究を行っていて、これから実際の治療現場で行う事ができる治療方法などについての研究をすすめています。

AGA治療にはヘアケアなどを行いながら正しい治療を行う事がとても重要になります。最近では以前は高価で使用する事が出来なかったジェネリックなども登場していて、輸入医薬品に頼らなくても大丈夫な環境が整いつつあります。まだ日本国内には輸入医薬品としてしか使用できないAGA治療もあるのですが、精神的な負担の多い輸入医薬品ではなく、リーズナブルな価格で使用できるジェネリックAGA治療薬をしようできるようになりました。大坂のようにAGA治療に積極的な方が髪の毛が健全でいられるという結果も出ております。後に回すのではなく、今この瞬間からジェネリックAGA治療薬など負担の少ない状態でAGA治療をはじめる事が重要になります。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る