薄毛に光明!!育毛研究のパイオニアと遺伝子検査のパイオニア による薄毛対策研究がスタートした!

育毛の研究のパイオニアと遺伝子検査のパイオニアが協力をして育毛対策研究をしています。いったいどのような研究が行われているのでしょうか。

薄毛の要因因子を解明する

遺伝子検査のパイオニア的な存在であるジェネシスヘルスケア株式会社と育毛研究のパイオニアといえるサラヴィオ中央研究所がタッグを組んで育毛研究を始めています。サラヴィオ中央研究所は2013年には毛髪研究会議において最優秀プレゼンテーション賞を受賞したことがあるほどの実績があるのです。育毛研究をリードしている存在となっています。一方、ジェネシスヘルスケア株式会社は50万人以上もの人達の遺伝子データを管理しています。遺伝子検査キットのパイオニアでもあり、遺伝子に関するプロフェッショナルです。

この2つの会社が協力をして薄毛に悩んでいる方を助けようとしているのです。具体的には遺伝子から薄毛の要因因子を解明しようとしています。そして育毛の作用機序を明らかにしようと考えているのです。このような目的を達成するためにこの2つの会社は共同研究開発をすることに合意したのです。

共同研究の目的

薄毛の原因にはいろいろな要素が関わっています。今でもその根源的な要因は明らかになっていないのです。薄毛の原因が分かればそこから画期的な育毛方法を提案することもできるでしょう。ジェネシスヘルスケア株式会社とサラヴィオ中央研究所は両者が研究してきて得られたこれまでの知見をもとにして遺伝子から薄毛の原因を明らかにしようとしています。具体的にはDNA検査をして遺伝子の多型から薄毛のタイプ分けを試みようとしているのです。そして育毛剤と遺伝子多型に相関性があるかどうかの研究をしようとしています。薄毛の治療をするためにはそれぞれのタイプに合った治療が必要だと考えているのです。共同研究をすることによって未だに解明されていない育毛についての遺伝子要素を明らかにして、薄毛に関わっている遺伝子について網羅的に解明することができれば、育毛のための最適な対策を考えられるのです。

AGA治療が変わる

上記の共同研究が上手くいけばこれからのAGA治療が大きく変化する可能性があるのです。これまでのAGA治療というのは効き目が出る人もいれば、効き目が出ない人もいたのです。人によってその結果に大きな差がありました。そのためAGA治療に不満を抱いている方もたくさんいたのです。これから遺伝子レベルで薄毛の原因が解明されて、効果的な治療方法を提案できるようになれば、今まで以上に高い効果を期待できるようになるのです。AGA治療が根本から変わる可能性もあるため、上記の共同研究というのは大きく期待されているのです。

ジェネリックや輸入医薬品にも影響する

薄毛の原因が解明されると、治療のためにどの育毛剤を使うべきかということも明らかになるでしょう。そうなればジェネリックや輸入医薬品を活用する人も増えていくかもしれません。日本であまり出回っていないような育毛剤の方が自分に向いているというケースもあるでしょう。ジェネリック医薬品であれば安く使うことができるため、それによって大きな育毛効果を得られるならばとてもありがたいことです。今後の研究の成果によってはジェネリックや輸入医薬品の利用価値がますます高まっていくかもしれないのです。これからどのような研究が行われていき、どんな結果が発表されるのかに期待しましょう。すぐに研究の成果が出るとは限らないのですが、気長に待つべきです。さまざまな分野の専門家達が一生懸命研究を進めることによって、将来的には薄毛の悩みが解消されるかもしれないのです。この研究には大きな期待がかかっているのです。多くの人が楽しみにしています。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る