M字ハゲには目の休息を…。薄毛タイプ別の上手なハゲ治療!

最近では20代の方でも薄毛に悩んでいる方が増えて来ています。薄毛は原因が様々ですので、原因によって適切な治療方法は異なり、いくら頑張って治療を行っても、それぞれの薄毛タイプに合った治療を行っていなければ効果はありません。そこでこちらでは、様々な薄毛タイプと薄毛の原因についてご紹介します。

M字禿げの治療

薄毛タイプの中でも男性特集の薄毛タイプがこちらのM字禿げになります。徐々におでこの毛が抜けていく量が増え、おでこの範囲がM字型に広くなる症状の薄毛です。M字禿げの原因はありますが最も大きいのが男性ホルモンです。M字禿げを改善させるためには、スマホゲームやり過ぎなど眼精疲労など目からくるストレスを無くす事が最も効果的です。眼精疲労やストレスは男性ホルモンの分泌を促しますのでM字禿げが気になる方は、眼精疲労やストレスを軽減するようにしてください。

O型禿げの改善方法

O型禿げも男性の方に多い症状になります。こちらのO型禿げの場合には、眼精疲労やストレスを軽減しただけではあまり効果が無い場合が多く、もっと積極的な治療が必要になります。O型禿げの症状が現れたらジェネリック薬品でも輸入医薬品でも構わないのでミノキシジルが含まれたAGA治療薬を利用する事が重要になります。ミノキシジルは、血管を拡張させる効果がありますので、毛乳頭まで栄養素を運んでくれます。中々栄養素が十分に行き届かない頭皮に栄養を巡らせることでO型禿げの進行を食い止め改善する事ができます。

U字禿げの原因

U字禿げの原因は、男性ホルモンの過剰分泌だけでなく、遺伝的な要素も考えられますが、U字禿げの症状が加速してしまうのは食生活の乱れが考えられます。特に油っこいメニューが多い方の場合には、どうしても血流の流れを阻害してしまい、U字禿げを増長させてしまいます。特に動脈硬化を招いてしまうコレステロールの過剰摂取は禁物です。ラーメンやハンバーガーなどが多かったり、お昼を菓子パンで済ましてしまうような方は注意が必要になります。U字禿げが進行しないためには、栄養バランスを考えた食生活を送る事が重要になってきます。特に髪を作るのに効果のあるたんぱく質であったり、タンパク質を作る亜鉛やアミノ酸が多く含まれているような食材を使った料理を食べる必要があります。

薄毛は疲れのバロメーター

薄毛になりやすい方の多くが疲れやすいという特長があります。生活が不規則で睡眠時間をしっかりと取れて居なかったり、時間が無いので食事をおろそかにしていたり、パソコン作業が多くて眼精疲労がたまっているような方の場合には、肉体的な疲労感よりも疲れやすい場合があります。疲れていると肌質が悪くなったり、目が充血したりなどの症状が現れます。同じように心臓から離れている位置にある毛発や頭皮にも大きな影響が現れますので、疲れやすい方は薄毛に悩まされる可能性が高くなっているのです。

薄毛タイプによって原因も治療方法も違います。そのため、他の薄毛タイプの治療を行っても効果がない場合もあります。その為、一番最初は病院に行ってきちんと医師の診断を受けた上で使用するAGA治療薬を選んでもらう事が重要になります。インターネットを閲覧していて、良さそうなAGA治療薬をみつけたり、病院での診察代やAGA治療薬代が高いからと言って、生半可な知識でジェネリック輸入医薬品を個人輸入などをしても、あまり効果がない場合があります。薄毛治療は時間が最も大切です。なるべく早く薄毛の進行を食い止めて、治療できるように最初はAGA治療を行っている病院に行ってください。最初からジェネリック輸入医薬品を個人輸入するのは効果的では無い場合も多いので注意してください。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る