病院で処方される育毛剤と市販の育毛剤の違いって何??

男性用のファッション誌や漫画雑誌、テレビのコマーシャルでも度々登場するようになった育毛剤ですが、沢山種類があり過ぎてどの育毛剤を使ったらよいのか分からなくなってしまっている方が大勢います。AGA治療薬などと合せると無数にありますので、しっかりと理解できていない状態で使用している方も多いと思います。そこでこちらのページでは、AGA治療として使用されているジェネリック輸入医薬品や病院で処方される育毛剤とドラッグストアで簡単に購入する事ができる市販の育毛剤の違いなどについてご紹介します。現在、育毛剤選びで悩んでいる方にとって有益な情報をご紹介しておりますので、ぜひ参考になさってください。

AGA治療に使用される育毛剤の分類

AGA治療に効果のある育毛剤を選ぶ場合に最初に理解しておかなければいけないのが、病院で処方される育毛剤と市販されている育毛剤の分類です。病院で処方される育毛剤と市販されている育毛剤の、最も大きな物はその分類になります。現在、AGA治療に使われている育毛剤には医薬品と医薬部外品という分類があります。また医薬品は医療用医薬品というものがあり、使用しようとしている育毛剤がどこに分類されるのかを最初に確認しておく必要があるのです。医療用医薬品は、病院で扱われている薬などが含まれていて、医師の処方が必要な薬の種類になります。医薬品は、医師の処方が無くても薬局やドラッグストアなどで自分で選んで購入できる薬です。医薬部外品は医薬品と同じく薬局やドラッグストアなどで購入する事もできますし、インターネット上などから通信販売での購入が可能なお薬です。考え方としては医薬品と化粧品の丁度真ん中の部分にある医薬品になります。

病院で処方される育毛剤と市販されている育毛剤の違い

病院で処方される医療用医薬品に分類される育毛剤は、効き目が非常に強いのが特長で、育毛効果が最も高い薬剤になりますが、その反面、色々な副作用も考えられます。病院で処方される医療用医薬品に分類される育毛剤は、アレルギーなどの体質によっても使用方法が変わってきますので、医師の処方が無いと使用できません。薬局などで市販される育毛剤は医薬品に分類され、リスクの高さによって要指導医薬品と一般用医薬品に代えられますが、薬剤師のいる薬局などなら医師の処方が無くても購入する事ができます。病院で処方される医療用医薬品に分類される育毛剤よりも効果が薄い物が多くなっておりますが、その分副作用などのリスクも少なくなっております。医薬部外品は、医師の薬剤師も必要としていない育毛剤です。前の二種類の育毛剤よりも効果が薄かったり、効果がでるまで時間がかかる物が多かったり、効果が少ない物もありますが、コンビニやホームセンターなどでも購入する事ができますので、気軽に入手できるといった違いがあります。

どの育毛剤を選ぶのがベストなのか

それぞれの違いを踏まえた上で、どの育毛剤を選ぶ方が良いのかというと、AGA治療をどこまで臨むのかによって異なります。病院にしっかりと通い、一刻でも早く正常な頭皮にしたいという方は、病院で処方される育毛剤を選ぶ必要がありますし、とりあえずそこまで深刻な状況ではない場合には、市販されている育毛剤を選ぶ事になります。

育毛剤は非常に高価な物も多く、使い続ける場合には、経済的な負担も大きいかも知れません。より安く効果のある育毛剤を購入する為にジェネリック輸入医薬品を個人輸入される方も増えて来ていますが、個人輸入にはリスクも付き物です。より安全にしっかりとした効果のある育毛剤を使用したいと思ったら、ジェネリック輸入医薬品などを個人輸入せずに病院に通い医師の指導の下で育毛剤を利用する事をおすすめします。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人気記事\

Sorry. No data so far.

ページ上部へ戻る