円形脱毛症に効果覿面!!話題のルキソリチニブとは?!

最近男性だけでなく女性の方にも見られるようになってきた円形脱毛所は、発症する原因が正確に究明されていない不思議な症状です。円形脱毛症になってしまった方の多くがストレスを抱えていると言われており、ストレスを緩和する事が最も効果的な治療方法であるとされてきましたが、人によって効果に差がありますので、万人に対して効果的な治療法とは言えませんでした。そこでこちらのページでは、多くの方が抱えている円形脱毛症の最新治療法についての情報をご紹介します。

円形脱毛症の特効薬?

米国コロンビア大学医療センターが行った治験データによって、これまで積極的な治療が難しいとされていた円形脱毛症に対して目覚ましい発毛効果がある医薬品が発見されました。それはルキソリチニブというくすりで、元々は骨髄線維症の治療薬として開発され、ノバルティスファーマ株式会社がジャカビ(R)錠として製造し、販売していた薬剤です。実は以前からノバルティスファーマ株式会社のジャカビ(R)錠には円形脱毛症を治療する事ができる可能性は指摘されていたのですが、米国コロンビア大学医療センターの治験によって明らかになりました。米国コロンビア大学医療センターが行った調査によりますと、治験を行った円形脱毛症の患者さんの内、およそ75パーセントの方が4カ月間で髪の毛に95%以上の発毛効果があり、ほとんど完治したという驚愕の結果があったそうです。

日本でのルキソリチニブの立ち位置

ルキソリチニブは、2014年7月4日にすでに承認され日本にも出回っておりますが、そのほとんどが骨髄線維症の治療薬としてです。現状ですと、ルキソリチニブは円形脱毛症に効果のある薬だろうという認識はあるにはありますが、正式に円形脱毛症の治療薬として認可されるには、10年程度かかる可能性があります。それは、米国コロンビア大学医療センターが行った治験人数が12人程度だったという事もあり、正式に円形脱毛症の薬として正式に認可が下りるまでには数百人規模での治療データが必要になりますので、まだまだこれからの治療薬であるという事です。もし日本の認可が待ちきれないという方の場合には、輸入医薬品として個人輸入をする方法も考えられますが、輸入医薬品の中には質の悪い物もありますので、最初は輸入医薬品ではなく、国内流通品として利用を開始する事をおすすめします。また、AGA治療は保険適応外ですので、ジェネリック品として流通しないと中々気軽に利用する事ができません。他のAGA治療のジェネリック品と同じように利用するのはまだまだ先の話になりそうです。

ルキソリチニブの副作用

ルキソリチニブが他のAGA治療のジェネリック品と同じように利用できるまでに時間がかかるだろうと思われているのはその副作用の多さです。ルキソリチニブには、血小板減少症や貧血、好中球減少症などの骨髄抑制作用の他にも、帯状疱疹、尿路感染、結核などの感染症であったり、頭蓋内出血、胃腸出血、処置後出血などの出血が人によっては見られるようになっています。他にも肝機能障害などの症状が出る方も多くいらっしゃいますので、他のAGA治療のジェネリック品と同じように利用にはまだまだ時間がかかりそうです。

ルキソリチニブは服用して一度円形脱毛症が回復した方でも、ルキソリチニブの摂取を辞めてしまうと、再び円形脱毛所の症状が現れてしまうという治験データがあります。竿所にルキソリチニブを飲む前までには戻りませんが、ある程度円形脱毛症の症状が現れてしまうみたいです。しかし、これまで効果的な円形脱毛症の対策方法が無かった所での米国コロンビア大学医療センターが行った治験データですので、これからの動向に注目が集まるのは間違いありません。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る