医療費控除の新制度!「セルフメディケーション税制」を利用して、上手に節約育毛を!!

育毛をするためにはどうしても費用がかかってしまいます。AGA治療のための薬を購入したり、その他にもいろいろなものを買うためにお金がかかってしまうことが多いでしょう。このような費用を節約するために活用できる便利な制度としてセルフメディケーション税制が始まります。これは医療費控除の特例というものであり、これを活用することによって、育毛のためにかかる費用を節約することができるでしょう。

セルフメディケーション税制

以前から医療費控除制度は存在していました。自分で負担した医療費が10万円を超える場合に申告をすることによって所得税や住民税の負担を減らすことができる制度です。それが2017年1月からはセルフメディケーション税制がスタートします。こちらは従来の医療費控除制度に特例が追加されるというものです。これによって特定の成分を含んでいるOTC医薬品を年間1万2千円以上購入した場合に医療費控除を受けられるようになるという制度のことです。OTC医薬品というのはいわゆる市販薬のことであり、自分で購入できる医薬品のことです。つまりセルフメディケーション税制というのは、自分で薬を購入して治療を行っている人の負担を減らすための制度といえるでしょう。これによって医療機関の負担を減らせるという効果も期待されているのです。

節約育毛を行う

上記のセルフメディケーション税制は抜け毛に悩まされている方にも意味のあるものです。もし育毛剤や発毛剤が上記の制度の対象となっているならば、節約育毛を実現させることができるからです。すべての育毛剤が対象となっているわけではないのですが、医薬成分が含まれている育毛剤については対象となっています。医薬品として販売されている育毛剤であればセルフメディケーション税制の対象となっているのです。したがって、この制度を活用することによって結果的に育毛剤にかける費用を節約することができるでしょう。育毛剤というのは毎日使い続けなければ効果が出ないものです。しかし、毎日使っているとかなりの量の育毛剤を消費することになります。そのためにはお金がかかってしまいその負担は馬鹿にはならないのです。セルフメディケーション税制を利用したとしても、育毛のための負担がかかることには変わりないのですが、結果的に税金が減額されるならば意味のあることでしょう。これによって多少なりとも負担を減らすことができるのです。

ジェネリックの輸入医薬品で費用を節約

セルフメディケーション税制を利用しなくても節約育毛を行うための方法はあります。たとえばジェネリックの育毛剤を使うことです。ジェネリックというのは後発医薬品のことであり、特許の切れた新薬と同じ成分で製造されたもののことです。同じ成分ということは同じ効果を期待することができます。開発費を価格に含める必要がなくなるためジェネリックはとても安くなるのです。育毛剤の中にもジェネリック医薬品であるものはたくさんあります。特に海外のメーカーの中には積極的にジェネリック医薬品を開発しているところが多いです。

また、輸入医薬品の中には安いものが多いためこれを活用することによっても費用を節約することはできるでしょう。インターネットを利用することによって通販で輸入医薬品を簡単に購入することができるのです。これによって安い育毛剤を入手することが可能です。ただし輸入医薬品には危険性の高いものが含まれているかもしれません。購入して実際に利用する場合には十分気をつけましょう。安全性には気をつけるべきなのです。せっかく髪の毛を生やすために使ったのに副作用によって苦しんでしまうような事態は避けたいものです。よく情報を集めるようにしましょう。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る