毛髪再生医療の大手×バイオベンチャー各社が切り開く、薄毛ゼロの世界!

医療はどんどん発展していっています。その中でも特に注目されているのは毛髪再生医療です。さまざまな研究が行われているのですが、その中でも大手企業やバイオベンチャーなどがどんどんこの道を切り開いています。たとえば、京セラは理研と組んで毛髪再生医療を実施しています。脱毛症に苦しんでいる人のための新しいAGA治療を提案しようとしているのです。

現在の毛髪再生医療

毛髪再生医療に関する研究を望んでいる人はたくさんいて、一日でも早く脱毛症を治すためのAGA治療を受けたいと考えているのです。そのための研究が進められていて注目されています。現在、脱毛症に悩まされている人は日本国内だけでも1800万人以上もいるとされているのです。これは日本人の1割を超える数であり、深刻な問題となっています。そのため早く対策が望まれているのです。

京セラと理研による研究

最新の研究がどこまで進んでいるのかを見ていきましょう。たとえば理研と京セラによる研究ではベンチャー企業も加わって2020年までに臨床研究で成果を上げることを目指しています。たとえば毛の生えていないマウスに対してヒトの細胞を増殖・加工したものを移植して、そこから発毛させるという実験を成功させています。これは世界初のこととなっています。皮膚の中で毛包という部分の幹細胞を分離させて、そこから加工させて再生毛包を作りだしてそれを移植する手法であり、これをヒトにも応用しようとしているのです。現在も後頭部の毛包を脱毛している部分に移植する手術は存在しています。

しかし、これは切除面積が大きいという欠点があるのです。幹細胞を利用する方法ならば切除部を小さくすることができるためとても実用的なのです。自分自身の細胞を使うことによって危険性は少なくなります。ただし、これを事業化するためには特別な技術が必要となるでしょう。そのためまだまだ課題はたくさん存在しています。毛髪再生を実現するために京セラや理研などがかなり力を入れているのです。輸入医薬品を用いたり、ジェネリックの薬を用いて育毛のために努力している人は多いでしょう。将来的にはジェネリックや輸入医薬品を使わなかったとしても、毛髪再生ができる時代が来るかもしれません。ジェネリックや輸入医薬品は副作用の危険性があるため敬遠する方もいるのです。このような方法を取らずに毛髪を再生できるならばそれが一番良いでしょう。

資生堂の研究

日本のいろいろな企業が毛髪再生の研究に取り組んでいるのですが、その中の一つが資生堂です。資生堂では毛包の中に含まれている底部毛根鞘細胞に注目しています。これを培養して薄毛部分に注入することによって毛髪を再生できるのではないかと考えているのです。すでに臨床実験を行う段階にまで達していて、2018年までの実用化を目指しています。かつては毛髪再生というのは遠い未来の出来事のように思われていましたが、それが実用化される時代がすぐそこまで来ているのです。近い将来は育毛剤を使う必要がなくなるかもしれないでしょう。

このような資生堂の研究に注目している人はたくさんいるのです。理研と京セラの共同研究の場合は2020年までの実用化を目標にしているのですが、それよりも資生堂の方が2年早くなっています。どちらの方法が主流になったとしても、現在とはまったく異なった方法によって毛髪再生を目指すことになるのです。その結果として多くの人がフサフサの毛髪を得られるようになるでしょう。そのことによるメリットは計り知れません。もう髪の毛のことについて悩まされる心配がなくなるのです。この恩恵を受ける人はさまざまな年齢の男女が含まれるでしょう。近い未来にこのようなAGA治療が実現されることを待ちましょう。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る