医療費控除は可能なの?お得にできるAGA治療とは!

薄毛治療も本格的にやり始めるとかなりの費用がかかることがあります。ジェネリック医薬品で費用を抑えたりということもありますが、それでもやはり高額になるケースが多いでしょう。そのような場合に医療費控除を受けることは可能なのでしょうか?

薄毛治療と医療費控除

医療費控除というものは、一年間で十万円を超える医療費を支払った人に対して国が一定額を負担してくれるという制度のことです。まずこの医療費控除というものに関して覚えておきたいのは、年末調整の時に保険料の控除などと一緒におこなう類のものではないということです。医療費控除に関してだけはそうした確定申告と一緒ではなく、自分自身で申請を税務署に対しておこなわなければならないのです。

ではこの医療費控除の対象になる医療行為とはどのようなレベルのことを言うのでしょうか?育毛のためのAGA治療、薄毛治療は基本的に普段保険対象外になり、自費での治療となっているはずです。ジェネリック医薬品や輸入医薬品の中には正式に効果が認められ、医療で用いられる成分を含んだものがあります。しかしポイントとしてはその育毛が治療目的なのか、それとも美容目的なのかという部分が焦点となってくるようです。

美容目的と治療目的

基本的に育毛というものは自分の見た目を気にした美容目的の行為だと捉えられるものです。しかし場合によっては治療目的と判断されるケースもあります。わかりやすい例で言うと、円形脱毛症の治療とか、薄毛や抜け毛のせいで精神的障害を負ってしまったケースなどです。治療目的と認定されれば保険対象外のAGA治療や薄毛治療でも医療費控除の対象としてくれる可能性はあります。どこからが治療目的でどこからが美容目的かという明確でわかりやすいラインは無いように思えます。

実際のところ医療費の控除を申請して、それが承認されるかどうかはその税務署の担当者によるところも多いようです。人によって判断がまちまちというのもなんだか釈然としないものがありますが、それが現実なのです。ですが治療目的と認められてAGA治療に支払った費用が控除を受けられる可能性があるので、ダメ元で医療費控除の申請をしてみたほうが良いかもしれません。育毛にかかった費用を控除してもらいたい場合、揃えておくべき書類としては、医療費控除に関する事項が記載された確定申告書、源泉徴収票、AGA治療に関わったすべての医療機関の領収書、医師から出された処方箋、さらに治療目的の育毛だと判断できるような医師の診断書などがあげられます。しっかりと揃えるべきものを揃えて医療費控除の申請をしましょう。国税庁のホームページで医療費集計フォームをダウンロードすることができます。

輸入医薬品を使用したAGA治療

AGA治療と一口に言っても、病院やAGAクリニックによって治療方法は様々です。さらに言えば同じクリニックでも全員にまったく同じ方法でAGA治療を施していくわけではありません。ある場合は新薬を使用するかもしれませんし、別の場合にはジェネリック医薬品を用いるかもしれません。なかには輸入医薬品を使用する場合もありますが、こうした輸入医薬品の中には日本では認可を受けていない成分が含まれている薬もあるので医師やクリニックの専門家の意見を参考にする必要があります。

輸入医薬品の中には個人輸入などをして大変な効果があったと謳っているサイトなどで紹介されている薬もあることでしょう。もちろんこうした書き込みや記事も参考にはできますが、ネット情報をすべて信じ込んで調査もせず使用することは避けましょう。良さそうな輸入医薬品の情報があったとしても必ずそのデメリットや副作用などについても調べましょう。そして最終的には医師の判断を聞いてから使用に踏み切りましょう。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る