薄毛遺伝子の正体が判明!カギはX染色体にあった!

みなさんは薄毛遺伝子という表現を聞いたことがあるでしょうか?人間の持つX染色体 と大きな関わりがあるかもしれないこの遺伝子の研究が今注目を浴びています。

禿げるのは遺伝!?

薄毛に悩んでAGA治療を考える人はたくさんいますが、そもそも薄毛になるタイミングや程度は人によってかなり違います。生活習慣の違いなども当然大きな影響を及ぼすものですが、遺伝的な要素も見逃せません。よく半分冗談半分本気で、自分の父親が禿げているから自分も禿げるとか、祖父が禿げていると自分も禿げるとかいった話しをするかもしれません。しかし実は遺伝的な意味で禿げる影響を及ぼすのは父親よりも母親の遺伝という学説もあるようです。

そこで出てくるのが今日取り上げたい薄毛遺伝子というものです。これは簡単に言うと薄毛になる人はX染色体 にあるアンドロゲンというホルモンの受容体に大きな違いがあって、この違いこそが薄毛遺伝子ではなかろうかという説です。そして男性におけるX染色体 の提供者は母親だけなので、遺伝的な要素で禿げる場合母親の側の遺伝的影響のほうが大きい可能性があるというわけです。前述した祖父が禿げていると自分も禿げるという話しをする場合、母親側の祖父がどうかを見るのが一番信ぴょう性が高いかもしれません。この説が正しければ母方の祖父から禿げが隔世遺伝するという可能性は十分にあるわけです。

諦めるのはまだ早い?

では薄毛の遺伝子を受け継いでいそうな場合、頭髪の問題はもう諦めるしかないのでしょうか?そうとは限りません。もちろん禿げやすい家系、体質であることを早いうちから自覚しておくことは大切です。しかし遺伝的要素ですべてが決まってしまうわけではなく、薄毛になる理由原因は他にもたくさんあります。それで早期に薄毛の対策を十分にとることによって薄毛問題に対処することができるかもしれません。

特に毎日のこととしてはシャンプーの仕方を正しいものにすることなどがあげられます。使っているシャンプーもそうですが、頭髪の洗い方というのは多くの人が頭皮を痛めるようなやり方で洗っているケースが多いので、頭皮をマッサージするような正しい洗髪方法を学ぶことは大切です。他にも睡眠不足は確実に頭皮や発毛に悪影響があると言われていますので、良質の睡眠を十分な時間とれるように工夫することも重要な要素の一つでしょう。さらに食習慣を健康的なものに変えていくことも身体全体の健康や発毛に影響を及ぼすと言われていますので見直すと良いかもしれません。

ジェネリック医薬品と輸入医薬品

もちろん家系的に薄毛の家系だとしても、自分の習慣の改善と同時にAGA治療の進歩の恩恵を受けることもできます。AGA治療では様々なジェネリック医薬品の使用もおこなわれていますので、新薬に比べてジェネリックク医薬品を使用することによって費用も抑えることができます。輸入医薬品の使用も十分に考えてからおこなうと良いかもしれません。輸入医薬品の場合は自分の限られた知識や聞いた話し、ネット上で読んだ情報だけで用いるのではなく、医師のアドバイスの元使用するほうが安全でしょう。

自分の親が禿げているから自分も禿げるのだと決めつけないようにしましょう。そう思える理由があるのであれば、早め早めに薄毛対策を講じてAGAの進行を食い止める努力をしましょう。薄毛の原因は決して遺伝だけではないので、その他の原因をしっかりと潰していって、健康で清潔な頭皮を保つならば発毛や育毛の助けになるはずです。悩んだ時は自分だけの知識に頼らずAGAクリニックやAGA治療を施している医師に相談するようにして、正しいAGA治療を目指しましょう。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る