バレバレで汚い、その上ハゲを促進する…。増毛パウダー・スプレーの悲劇

頭皮に良いと思ってやっていたり、薄毛を隠せると思ってやっていたことが実は頭皮が汚れる原因になっていて、育毛の効果なしということもあるんです。例えば増毛パウダー・スプレーなどがその一つです。

増毛パウダー・スプレーの影響

増毛パウダー・スプレーは薄毛を簡単に隠せるアイテムとして使用している人も多いと思いますが、これはもちろん実際の発毛や育毛という観点では効果なしと言えます。効果なしというだけならまだしも、逆に頭皮の環境にとってはマイナスに作用する可能性が高いです。頭皮が健康に生えてくるためには頭皮の状態を綺麗で清潔に保つことが肝心ですが、増毛パウダー・スプレーを使用する際当然髪だけでなく頭皮にもかかってしまいます。

それで頭皮や毛穴が汚れる原因になることは容易に想像がつきます。もちろん増毛パウダー・スプレーによって頭皮が汚れる結果になってしまったのか、それ以外の原因で単純にAGAが進行してしまったのかは判断が難しいところですが、こうしたアイテムはあくまで一時的なごまかしであって、禿げることはあっても育毛にはつながりにくいでしょう。

禿げるメカニズムを理解しよう

そもそも禿げるメカニズムを理解していれば、頭皮を汚したり悪影響を及ぼすような行為を避けることができるはずです。現在では薄毛のメカニズムがかなり解明されてきています。基本的に毛には毛周期というものがあり、成長・退行・再生を繰り返す仕組みになっています。AGAが進行している人というのはこの毛周期に異常が発生しており、十分に成長をしないうちに退行へ入ってしまうのです。そのためAGAで悩んでいる人は必ずしもツルツルに禿げるわけではなく多くの場合産毛のようなものは生えていたり、いわゆるバーコード型と呼ばれるような形で薄毛が進行してしまうのです。

さらにジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる男性ホルモンが毛髪の成長期を短縮させてしまうことも研究によって明らかになってきています。そのためジヒドロテストステロンの悪い影響やループを断ち切るための研究も進められています。AGA治療には様々なジェネリック医薬品や輸入医薬品も登場しています。ジェネリック商品とはすでに効果が認められている商品の後発品ですので、ジェネリック医薬品は効果が十分期待できて、さらにお値段も安いという嬉しいアイテムです。輸入医薬品の場合は使用するにあたり医師などに相談することが大切です。輸入医薬品の中には日本ではまだ認可されていないものも多いからです。

食生活も頭皮に影響を及ぼす

基本的な生活習慣が頭皮に与える影響はしばしば取り沙汰されますが、食習慣というものも非常に大きな要素となるようです。日本で脱毛症が増加したのは戦後の時代に大きく食習慣が変化したためと考える専門家もいるようです。脂肪摂取量は増えて、摂取カロリーも増えました。食品添加物の影響などもありますし、全体的に食物の欧米化が進み、ファストフードも急激に増えました。それで現代でも食習慣をきちんとしたものにして、健康的な食事を心掛けることは身体全体の健康にも、さらには頭皮の健康状態にも大きな影響を及ぼします。

こうして考えてみるとAGAの問題というのは、直接的には頭皮の問題であり、頭皮マッサージや、その他のAGA治療薬を用いることが解決の道と見えますが、さらに深く原因や影響を探っていくと、やはり普段の生活全体が関係していることがよくわかります。それで身体の健康や体型の改善に乗り出す人が睡眠から食事、運動まで気を遣うのと同じように、AGA治療に励む人も食事などの習慣に十分に気をつけて、禿げる原因を根本から改善していくことが大切になってきます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人気記事\

Sorry. No data so far.

ページ上部へ戻る