プロペシアとアボダート(アボルブ)の効果や副作用の違い

薄毛治療にはプロペシアが有効と言われてきました。AGAの原因である物質を抑えて、薄毛を改善するプロペシアですが、さらに有効とされるアボダート(アボルブ)という製品が注目を集めています。プロペシアとアボダート(アボルブ)はどのような違いがあるのでしょうか?

アボダート(アボルブ)とはどのような製品?

アボダート(アボルブ)は、もともと前立腺肥大症の治療を目的として開発され、FDAに承認されたもので、イギリスのグラクソ・スミスクライン社が販売しているものです。アボダート(アボルブ)は、AGA治療に効果的と言われている製品で、プロペシアよりも薄毛治療において高い効果が期待できると言われています。

薄毛治療によく使用されるプロペシアも、アボダート(アボルブ)も薄毛の原因となる、5αリダクターゼの発生を抑える働きをします。その働きによって、薄毛治療に効果が出ると言われています。

5αリダクターゼとは?

5αリダクターゼは男性ホルモンであるテストステロンと結びつき、より強い男性ホルモンであるジヒドロテストステロンに変換させてしまうものです。変換されたジヒドロテストステロンは、髪の毛の発育を妨げる原因を作ります。そのため、育毛剤やAGA治療においては、5αリダクターゼの発生を抑えることを目的としているのです。

アボダート(アボルブ)はプロペシアよりも効果が高い?

アボダート(アボルブ)が注目されているのは、プロペシアよりも薄毛治療に効果があるのでは?と言われているからです。その理由は5αリダクターゼの種類によるものです。
5αリダクターゼには、I型5αリダクターゼとII型5αリダクターゼという2種類があります。I型5αリダクターゼは皮脂腺に多く存在し、II型5αリダクターゼは毛乳頭に存在していますが、最近の研究によって男性型脱毛症はII型5αリダクターゼから強い影響を受けるということが分かりました。そのことから、特にII型5αリダクターゼの対策をした方が、AGAには効果があると言われています。

そうはいっても個人差がありますので、II型5αリダクターゼだけではなく、I型5αリダクターゼ対策も必要です。その点からいうと、プロペシアはII型5αリダクターゼに有効で、アボダート(アボルブ)はI型、II型の両方に有効です。そのため、アボダート(アボルブ)の方が薄毛治療に効果を発揮すると言われています。

自分に合った治療薬で薄毛治療を

薄毛治療を行う際に重要なのは、自分に合った治療方法や治療薬を使うことです。薄毛の原因は人によって異なりますので、まずは薄毛の原因を見つけてそれを改善することです。
また、原因が同じでもすべて同じ治療薬で改善するとは限りません。男性ホルモンの状態なども人によって異なります。そのため、薄毛治療において効果を出すには自分に適した治療薬を使い、適した方法で改善することが大切です。自分に合った治療薬を見つけるには、AGA治療の専門クリニックを利用するのがいいでしょう。血液検査などをして、診察をしたうえで最適な治療薬を処方してくれます。

しかし、AGA治療には高額な医療費がかかることも否めません。そこでおススメなのが輸入医薬品です。輸入医薬品はリーズナブルな価格で購入することができます。インターネットで購入することもできますので、時間のない人にとっても便利です。輸入医薬品は安いからといって質が低いわけではありません。信頼できるサイトから購入すれば、品質の確かな輸入医薬品がリーズナブルな価格で手に入ります。輸入医薬品は自己責任なので、副作用などがあっても責任は自分で取らなければなりません。信頼できる医薬品を見つけましょう。

現在使用している治療薬に効果がないと感じているなら、医師と相談しアボダート(アボルブ)を使ってみるのもいいでしょう。薄毛治療で効果を出すには、自分に合った治療をしていくことが大事です。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る