やめとけばよかった?植毛失敗によくあるパターン

薄毛対策として植毛があります。成功すれば自分の毛として成長するのですから、こんなにうれしいことはありません。AGA治療をしても効果が出ない場合は、植毛をする人も少なくありません。しかし、植毛がすべて成功するとは限りません。植毛の失敗とはどういったものでしょうか?

植毛のよくある失敗とは?

植毛における失敗の一つが、定着しない、ということです。植毛をしても定着しなければ、生えてくることはありません。定着しない理由としては、医療技術という点もありますが、自らの注意を怠ったせいで定着しないということも多いようです。植毛後の洗髪の方法や入浴に関する注意、スポーツなど体を激しく動かすことへの注意、ヘルメットを着用する際の注意、また、お酒やたばこなど日常生活における注意点を守らなければ、定着するものも失敗につながります。

また、痛みや傷が残る、という失敗もあります。最近では植毛の技術も進歩し、傷跡が残りにくくなりました。しかし、それは植毛を行う技術の腕にもかかっています。経験や実績のある技術者のいるクリニックで行うことが重要になります。
植毛をすると、麻酔が切れて痛みが出てきます。それがかゆみへと移行するのですが、通常1週間ほどは我慢しなければなりません。さらに、後頭部の手術になるので寝る際の姿勢にも注意しなければなりません。

薄毛対策は育毛剤がおススメ?

植毛は育毛剤などを使わずにすみますし、カツラと違って外れる心配もありません。自然な仕上がりになるのも大きめメリットです。しかし、外科的手術なので傷跡が残る、全体の毛根の数は変わらない、費用が高い、といったデメリットもあります。中でも費用は100万円以上になることは多いです。そう考えると、薄毛対策は医薬品によるAGA治療の方が安全で、費用も安くすむでしょう。

現在ではAGA治療の薬もさまざまなものが出てきていて、効果を期待できるものも多いです。確かに、数回服用して薄毛が改善されるというわけではなく、時間も必要とされますが、育毛剤には頭皮環境をよくするというメリットがありますので、自分の髪の毛を健康にできます。危険な手術を選ばなくても、自分の髪が生えてくる可能性もあります。

費用はジェネリックで抑える

ジェネリック医薬品はすでに浸透してきて、利用している人も多いでしょう。AGA治療においてもジェネリックの治療薬が出てきています。ジェネリックは効果が認められている新規開発医薬品と同成分の薬品であり、効果が劣るというものではありません。しかも、費用が安いという点がメリットです。

それでも薄毛対策としてAGA治療をするのは費用がかかります。何度もクリニックに通ったり、治療薬を服用したりしなければならず、健康保険も適用されないので高額になってしまいます。それをさらに安く抑えるには、輸入医薬品を使うという方法があります。輸入医薬品は不安、という人もいるでしょう。近年では信頼できるサイトさえ利用すれば、品質のよい輸入医薬品を、安価で手に入れることができます。自己責任にはなりますが、安い価格で質のよいAGA治療薬を手に入れるのはメリットが多いです。もちろん、違法ではありませんので、安心して利用することができます。ただし、中には悪徳なサイトもあるので、しっかり調べて信頼できるサイトを利用することが大切です。

薄毛対策の方法はいろいろあります。植毛を一番と考える人も少なくないでしょう。その際には、しっかりした技術を持っているところで行うことと、自分で守らなければならない点はしっかり守ることが必要です。植毛のリスクにおいても、念頭に入れておくことも大切です。さまざまな薄毛対策の中で、自分に適した方法を選択しましょう。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る