AGA治療の副作用との上手な付き合い方

20~69歳の男性の約3人に1人は男性型脱毛症(AGA)に悩んでいると言われています。
中には自分で育毛剤などを使っている人も多いものです。しかし、育毛剤を使用し始めたら副作用が出始めた、という人もいます。AGA治療薬は効果があると言われている一方で、副作用も確認されているのです。

AGA治療であるフィナステリドの副作用とは?

AGA治療において育毛剤などを使用している人も多いでしょう。AGA治療には主に、フィナステリドやミノキシジルといった成分が配合されています。それぞれ、育毛効果は大きいと言われていますが、中には副作用を起こすことがあります。
フィナステリドはもともとAGA治療のために開発されたものではなく、前立腺肥大の治療薬として開発されました。その副作用として抜け毛の抑制効果があることが分かり、1997年にFDAに認可され、AGA治療において欠かせないものです。フィナステリドはジヒドロテストステロンの発生を抑制する作用があります。そのため、男性ホルモンによる発毛疎外はなくなるものの、性欲低下、EDといった副作用やじんましん、倦怠感などの副作用が出る場合もあるのです。

発毛効果が期待されるミノキシジルの副作用とは?

ミノキシジルもAGA治療において欠かせない成分の一つです。ミノキシジルはもともと、高血圧の治療薬として使用されてきたものです。それが使用している人が多毛症になるという副作用が出たことで、発毛に効果があると分かり、育毛剤としての開発が進められました。ミノキシジルには血管を拡張して血行をよくする働きがあります。その結果、毛母細胞に働きかけ、細胞の働きを活発にするという作用につながるのです。
その効果を期待したミノキシジル配合の育毛剤がたくさんあります。しかし、中には頭皮のかゆみ、かぶれなどの皮膚炎、動悸、頭痛、むくみなどの副作用が発生すると言われています。

副作用を出さないためには専門のクリニックへ

育毛剤の副作用を出さないためには、AGA治療の専門クリニックに行くことです。専門クリニックでは血液検査などの診察をして、AGAの症状や体のことも含めその人に適した治療薬を処方してくれます。もし、副作用が出たとしても相談すれば違った治療薬を出してくれます。安心して育毛治療ができるのが専門クリニックのメリットです。また、少しでも安く治療を進めたいという場合はジェネリックの薬も処方してくれます。ジェネリックは育毛剤においても人気です。

輸入医薬品でAGA治療

専門のクリニックに行く時間はない、という人もいるでしょう。その場合は、できるだけ自分の体に合ったAGA治療薬を使用することです。もし、副作用があればすぐに使用をやめて、違ったものを使うようにしましょう。使用する量やタイミングなど、きちんとルールを守って服用することが大事です。
また、専門のクリニックに行くと時間だけではなく、費用もかかります。そこでおススメなのが輸入医薬品です。輸入医薬品は費用も安く、インターネットで購入できるのでいつでも手に入れることができます。ジェネリックも輸入医薬品で購入することができます。もちろん、輸入医薬品においても副作用がなくなるわけではありません。使用上の注意をよく読み、正しく使うことが大事です。

AGA治療薬を使用していて効果が出ない、副作用に悩んでいるという方は、輸入医薬品を試してみるといいでしょう。自分に合った治療薬を見つけることができるかもしれません。しかし、使用する際には、注意を守り、適切な量で、正しく使うことが大事です。育毛治療をしていて副作用に悩んでいては、ストレスが溜まってしまいます。ストレスは育毛にもよくありませんので、自分に適した治療薬で副作用に悩まずに育毛治療をしましょう。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る