個人輸入代行の正しい使い方

薄毛や抜け毛に悩んでいる人のなかには、AGA治療を検討する人もいると思います。一般的に、AGA治療は医療機関の外来で診察を受け、薬を処方されるという流れです。しかし、自由診療であることから健康保険が適用されず、診療にかかる費用が高額になる可能性があります。そこで、ジェネリック医薬品という選択肢もありますが、さらにリーズナブルなのが個人輸入代行による輸入医薬品の利用です。ここでは、AGA治療時の個人輸入に焦点を当てて考えてみたいと思います。

海外から輸入医薬品を直接取り寄せる

個人輸入とは、インターネットなどを利用して海外から輸入医薬品を直接取り寄せることを指します。通常、日本における仕入れ代理店が海外製品を輸入し、日本国内の市場へ流通させるのですが、個人で直接仕入れてしまうのです。最低限の語学力が必要ですが、輸入するときの仕入れ代理店のマージンおよび医療機関や薬局のマージンが上乗せされていないため、リーズナブルに仕入れることができます。
多くのケースでは個人輸入は語学が障壁になりがちなので、個人輸入代行というサービスも登場しています。当然、個人輸入代行業者に対するマージンコストは発生しますが、医療機関や仕入れ代理店に支払うコストが削減できるためリーズナブルです。

個人輸入のリスクは多い

もし、個人輸入をする場合、自己責任担ってしまう可能性があります。たとえば、日本の法律に触れていたり検疫手数料が高くなったり、語学がわからずに違う商品を輸入したりということが考えられると思います。せっかく、安くて効果がある輸入医薬品を入手しようとしたのに、結果的に高額になってしまったりトラブルに巻き込まれてしまったりするものです。
さらに、海外の人たちは日本人との感性が異なります。出荷するまでの時間がかかることもしばしばあるため、なかなか到着しないというケースも少なくありません。販売元であるお店側に悪意はなく、商慣習がまったく違うために起こります。さらに、海外からの輸送には日数がかかることも考慮すると、単純に手元に届くまでに時間がかかることも考慮しておきましょう。
これらのトラブルを解消するのが個人輸入代行です。個人輸入代行は、消費者が希望する商品を業者が代わりに輸入して受け取ると言うものです。商品を代わりに受け取ったあとは検品を行い、問題がないことをチェックしたうえで引き渡しするという流れになります。

個人輸入代行を正しく利用しよう

個人輸入のリスクを解消する際に活躍するのが個人輸入代行ですが、適正なサービスを選ぶことが大切です。個人輸入代行を依頼するときに、現地での目安の価格がわからないと、個人輸入代行業者が多くのマージンを取っていたという可能性もあります。すべてが信頼できる業者ならよいのですが、あらかじめ複数の個人輸入代行業者を見ておくことがおすすめです。
優良な個人輸入代行業者の場合、輸入医薬品も正規品やジェネリック医薬品を選ぶことができ、リーズナブルに買うことができます。さらに、わざわざ病院へ通って診察を受けて処方されるのを繰り返すことに抵抗がある人からすると、個人輸入代行は非常に便利です。多くの人はAGA治療を恥ずかしいものだと思いますが、自分のプライバシーを守ってもらいながら、安心して購入できるでしょう。

日本人の感性では考えづらいトラブルが多い海外からの個人輸入は、個人輸入代行業者に任せてしまったほうが安心です。もし、AGA治療を考えて輸入医薬品やジェネリック医薬品を仕入れたいと考えているなら、初めから個人輸入代行業者に相談し、安全な状態で医薬品を入手するようにしましょう。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る