最終手段!植毛のメリット・デメリット

数々の育毛剤やジェネリック医薬品、輸入医薬品を利用し、薄毛対策をしてきた人もいると思います。多くのケースでは、AGA治療によって成果が表れるはずです。もし、ジェネリック医薬品や輸入医薬品、その他育毛剤の効果が期待できない場合、最終手段として植毛を利用することも考えられます。ここでは、AGA治療がうまくいかなかったという理由と、植毛の方法について見てみましょう。

なぜAGA治療の効果が出なかったのか

多くの人は植毛を考える前に、さまざまな育毛剤を試した経験があると思います。市販品を利用したという人もいれば、医療機関で処方を受けた人もいるかもしれません。その他にも、ジェネリック医薬品や輸入医薬品を利用した方もいるでしょう。
これらで効果が得られなかった理由は、AGA治療がうまくいかなかったからだと言えます。ただし、薬の効果が得られなかったというよりも、体質的に合わなかったまたは原因がAGAではなかったという可能性が高いです。
男性型脱毛症の特徴は、頭頂部や前頭部から髪の毛が少なくなってしまうことです。しかし、頭頂部や前頭部の抜け毛が増えているからと言って、必ずしもAGAではありません。そのため、AGA治療用の育毛剤や内服薬を試しても効果が表れなかったと考えられます。

植毛のメリット

上述したように、AGA治療がうまくいかなった人の選択肢は植毛となります。また、体質的にAGA治療薬が服用できない人は、育毛剤での効果が得られなかった時点で植毛を検討するはずです。そこで、植毛のメリットを見てみましょう。
まず、自毛植毛は自分の髪の毛を使った手術です。自分の髪の毛のことをドナーと言いますが、95%の髪が生着するため、その部分の髪の毛が薄くなることはほとんどありません。一度植毛をしてしまえば、長期的な薄毛対策になります。
カツラと違い、自毛植毛なら外れてしまう心配はなく、見た目の違和感もありません。さらに、他の毛と同じように年を取っていくので、植毛した髪の毛は白髪になります。自然な仕上がりになることから、いつでもヘアスタイルのナチュラルさを保つことができます。
人工毛を植毛する場合、ドナーは無限に存在します。自毛植毛と違って定期的な補毛が必要です。また、生着率も自毛植毛よりも低いので、時間をかけて植毛を進める根気が必要になるでしょう。

植毛のデメリット

自毛植毛や人工植毛をするとき、メリットだけでなく、デメリットも存在します。どのようなデメリットがあるかを考えてみましょう。
まず、人工植毛の場合は拒絶反応が起こるリスクが考えられます。手術したのに髪の毛が抜け落ちてしまったり、頭皮が腫れたりする可能性があります。せっかく手術したのに、逆効果になってしまう恐れもあるのです。メンテナンスの必要性もある植毛法なので、手術したあとに時間や費用がかかってしまう点は考慮しておくとよいでしょう。
自毛植毛の場合は本数に限りがあります。また、後頭部の髪の毛の一部を持ってくるため、坊主や短い髪型の場合、植毛による手術の跡が目立ってしまいます。結果が出るまでに時間もかかるので、カツラや人工毛植毛のように短期間で効果を得るのも難しいです。
このように、植毛をすることによるデメリットも存在します。植毛は手術なのでリスクがある点を理解しておくべきです。

まずは、さまざまな育毛剤やジェネリック医薬品、輸入医薬品を試してみましょう。植毛をしなくても効果が得られ、かつ、体質が改善される可能性は十分に考えられます。どうしてもAGA治療では効果が得られない場合に限り、植毛を検討すべきです。高い効果は期待できますが、メリット・デメリットを踏まえて手術を検討しましょう。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る