市販の育毛剤は効果なし?薄毛を改善するには

さまざまな育毛剤が登場していますが、市販の製品では薄毛対策に効果がないと言う意見もあります。もし、さまざまな方法で薄毛対策に取り組んでみても効果を感じないという場合、AGA治療に臨むのがよいかもしれません。そこで、AGA治療時の医薬品について考えてみましょう。

定番の医薬品はミノキシジルとプロペシア

医療機関でAGA治療に際して処方される医薬品の定番は、ミノキシジルとプロペシアです。ここでは、それぞれの特性について見てみましょう。
ミノキシジルは、AGA治療薬として有名な医薬品です。当初は血管を拡張させるための医薬品として開発・研究が行われていましたが、育毛効果をもたらすことがわかり、医療用の育毛剤として使われています。ミノキシジルタブレットという内服薬だけでなく、ミノキシジルゲルやミノキシジルリキッドという外用薬があります。
プロペシアも、AGA治療薬の定番です。世界初の医療用育毛剤ですが、服用することから「飲む育毛剤」と呼ばれています。男性ホルモンからもたらされる5a-還元酵素の生成を阻害することで、抜け毛の量を減らすとともに、太い髪の毛を作り上げることができます。したがって、育毛対策として有効なのです。

ジェネリック医薬品を利用しよう

ミノキシジルとプロペシアですが、AGA治療外来を訪れると高額な費用がかかることがあります。その理由は、AGA治療が自由診療のため、健康保険が適用されないからです。もちろん、医療機関側でも価格を抑える努力はしていますが、正規品よりもジェネリック医薬品を利用したほうがリーズナブルな価格にできるケースは少なくありません。
まず、プロペシアの場合、ジェネリック医薬品として名前が挙がるのは、フィンペシアやエフペシアです。これらは、フィナステリドという有効成分が含まれていることから、同じ育毛効果が期待できます。薄毛対策を行うにあたって十分な効果が期待できるでしょう。
次に、ミノキシジルのジェネリック医薬品ですが、こちらは存在しません。ミノキシジルのジェネリック医薬品がない理由は、少し特殊な事情があります。そもそも、ミノキシジル自体が育毛剤としては正規品というわけではなく、法律上では血圧降下剤として認知されているのです。したがって、ジェネリック以前に正規品が存在しないという点を理解しておきましょう。

輸入医薬品を利用するのもよい

ジェネリック医薬品は正規品よりもリーズナブルですが、AGA治療の医薬品としては高額に感じる人もいるかもしれません。そこで、さらに格安料金で入手したいという人は輸入医薬品という方法を考えてみるとよさそうです。
実は、ミノキシジルやプロペシアは海外でリーズナブルに販売されています。日本国内では自由診療による健康保険適用外の薬になるため、医療機関ごとに自由に価格設定ができますが、輸入医薬品であればもっと安い価格で入手することが可能です。
医薬品の輸入については、個人で使用する範囲であれば認められています。したがって、インターネット上にある薬局サイトからオンラインで購入し、入手すること自体に法律上何ら問題ありません。医師の診察がないので、ご自身の健康リスクと相談しながら服用する点にのみ注意してください。

薄毛対策の育毛剤は医薬品であれば効果が高いです。医療機関からの処方または輸入医薬品であれば、薄毛対策をした意義があると言えます。正規品よりもジェネリック医薬品のほうが安いですが、海外から直接輸入してしまったほうがリーズナブルに入手できる可能性は高いです。できるだけ安いほうがよいという方は、海外からの輸入も検討してみてはいかがでしょうか。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る