薄毛治療に育毛シャンプーは向いているのか?

最近、抜け毛が気になると言う方も多いと思います。そこで、市販の育毛シャンプーを利用しているというケースもあるかもしれません。果たして、育毛シャンプーは薄毛対策や薄毛治療に効果があるのでしょうか。

育毛シャンプーは効果が期待できる

多くの育毛シャンプーは、化学的に合成された物質をほとんど使っていないので、頭皮に対するダメージが少ないです。そのため、普通のシャンプーを使って頭皮にダメージを与えてしまうよりも、育毛シャンプーを使ったほうがよいでしょう。
代表的な成分に挙げられるのがシリコンです。髪の毛を滑らかにする役割を持っているシリコンですが、石油をもとに作られていることから、肌に対してよいとは言えません。
さらに、育毛シャンプーを利用する場合、シャンプーに入っている成分にも注目すべきです。たとえば、アミノ酸なら血行促進や頭皮への栄養補給などの役割を果たします。一定の効果は期待できると言ってよいでしょう。

シャンプーの使い方を見直そう

頭皮にダメージを与えてしまう原因は、シャンプーの種類だけではありません。洗い方ひとつで頭皮を痛めてしまうので、以下の方法を試してみましょう。
まずは、シャンプーを付ける前にお湯で十分に髪と頭皮を濡らしてください。あらかじめ頭皮についているホコリやゴミを洗い流し、髪が絡まってしまうのを防ぐことができます。35~37℃程度のぬるいお湯を使うのがベストです。
次に、シャンプーは一度手の上で泡立てましょう。そして、頭皮や髪の毛に泡を乗っけるような感覚で髪の毛を洗うのがよいです。まずは手のひらで一度泡立てて、頭皮に乗せるようにしてください。
その後、後頭部から頭頂部、そして前頭部へと洗っていきます。後頭部は基本的に髪の毛の量が多いので、シャンプーで洗っても髪の毛へのダメージが少ないです。そして、頭頂部や生え際のように弱い髪の毛へと、優しく洗いあげて行きましょう。
その後、シャンプーはぬるま湯を使って洗い流します。シャンプーの洗浄成分は頭皮に残りやすいので、抜け毛が増えてしまう可能性があるからです。お湯をサッと洗い流しても効果は少ないので、ぬるま湯でじっくりと洗い流しましょう。

AGA治療をするなら輸入医薬品を使おう

育毛シャンプーを試してみたが効果が出ないというケースもあると思います。実際は、抜け毛の原因はシャンプーの種類や方法だけで解決するとは限りません。体質的に抜け毛が増えてしまっている可能性があるので、薄毛対策を考えるならAGA治療を検討するのもよいでしょう。
AGA治療時、医薬品を入手する方法は医師から処方してもらうだけではありません。自己責任ではありますが、輸入医薬品を入手するという方法もあります。輸入医薬品のメリットは、リーズナブルな価格でAGA治療の医薬品を入手できる点です。個人で並行輸入をすることは法律上認められているので、法的なリスクが気になるという方にとっても問題はありません。
注意すべきは、AGA治療の輸入医薬品を服用する前に、ご自身の体調の把握が十分にできているかという点です。もし、服用を禁止されている条件に該当するようであれば、輸入医薬品の利用は控えたほうがよいでしょう。AGA治療といってもあくまでも医薬品ですので、健康リスクが0ではないことは認識しておいてください。

薄毛対策で育毛シャンプーを利用している人のうち、どうしても効果が出ないとお悩みの方もいると思います。そのようなときは、ぜひAGA治療用の輸入医薬品を利用してみてください。医療機関で処方されるよりもリーズナブルな価格で入手できるので、ぜひ、輸入医薬品で薄毛対策を始めてみましょう。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る