AGA治療で本当に効果がある治療法は何か?

ほんとうに効果があるAGA治療法

AGA治療法でほんとうに効果がある治療法は、大きく分けると三つの種類があります。
病院での専門的な薬の治療、病院での専門的な手術、そしてジェネリック医薬品を利用した治療です。

治療法の種類が分かれているのは、それぞれの体質に合わせてより適切な治療方法を選択することができるようにするためです。

病院での専門的な投薬治療

病院で治療を行う際には、AGAを治療するために男性ホルモンを抑制するための専門的な治療薬を使います。

この治療薬は、医学的な根拠によって作られた薬で臨床実験の段階で既に効果が高いことが報告されている薬です。
事実、この薬を病院から処方してもらって治療の効果を実感できた人は大勢います。特に、1年以上継続して薬を使い続けた人にとっては約9割の人が薄毛の治療を実感して発毛したと答えている統計的なデータも存在するくらいです。

AGAというのは、肉体に元々存在している男性ホルモンというごく一般的なホルモンが悪さを働いて抜け毛の作用を引き起こします。ですから、根本的に男性ホルモンの働きを薄毛の作用を引き起こさないように抑制すれば抜け毛の作用はなくなるのです。

病院で専門的な手術

また、薬による治療法ではなく外科的な手術によってAGAを治療する方法も確立されています。
この方法は自毛植毛と呼ばれている手術方法で患者自身の残された髪の毛を触媒として新しい髪の毛を発毛させる画期的な方法のことを言います。

男性ホルモンから作られる抜け毛の作用を引き起こす物質は、人間の髪の毛に存在する男性ホルモン受容体という部分と接触することでAGAの症状である抜け毛の作用を引き起こします。
つまり、この男性ホルモン受容体の働きを抑制することに成功できれば、抜け毛の作用を引き起こすこともなくなるのです。自毛植毛ではこの点に着目して手術を行います。

人間の毛髪の中には、抜け毛の作用を引き起こす物質を受け取る男性ホルモン受容体が存在しない部分があります。これは特に後頭部に多く生えているので、後頭部の髪の毛を触媒として新しい発毛を実現することになります。
もちろん、この手術を行う際には自毛一定以上の存在することが大前提になることを知っておく必要があります。

ただ、これらの専門的な治療は効果が高いものの費用が大きくなる可能性が高いという懸念も存在します。
事実、自毛植毛などに関しては数十万円以上のお金が必要になるので、お金がない人にとってはAGA治療ができないことになります。そこで、最後の方法であるジェネリック医薬品を利用した手術方法が存在するのです。

ジェネリック医薬を利用

ジェネリック医薬品というのは、病院などで提供されている先発医薬品と異なって一般の民間企業が一般市場で発売するために考えた後発医薬品のことを意味します。
後発医薬品は、先発医薬品に使われている成分を研究し、その成分に似せた成分を作り出すことによって先発医薬品とほとんど同じような効果を発揮する医薬品のことを意味します。

実は、海外にはAGA治療に関連するこのジェネリック医薬品が販売されているのです。
ジェネリック医薬品のメリットは、先発医薬品と同じ効果を持つだけではなく、一般市場で販売されているという側面から価格が非常に安いことです。
大量に生産してより多くの人に対して販売することを目的としていますので、保険の適用がない病院行で受け取るよりも遥かに安い価格で薬を入手できるようになります。

日本の場合では、日本国内の病院で入手するAGA治療の専門薬よりも半額未満であることはほとんどですし、中には3分の1未満の価格で購入できることもあります。
AGA治療薬は継続的に服用しないと効果が薄いので、継続的に薬を使っている人にはこうした方法を好んで選択して服用し続けている人もいるのです。

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営しているため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人気記事\

Sorry. No data so far.

ページ上部へ戻る