あなたにぴったりのAGA治療薬の選び方

AGA治療薬の選び方

AGA治療薬は大きく2つに分類することができ、それはフィナステリドとミノキシジルという医薬品成分なのですが、いずれもAGAに対して高い効果があると言われているのです。
ただ、副作用のある薬ですので闇雲に使用するのは良くありません。自分の薄毛の状態に合わせて活用していくことが大切であり、そして治療薬の選び方がありますのでここで解説をします。

抜け毛のタイプで選ぶ

薬は抜け毛のタイプによってチョイスすることができますが、まず細く短い抜け毛が多く見られるようならフィナステリドを活用した方が良いでしょう。
AGAが発症すると毛周期が短くなりますので毛髪が成長し難くなるのですが、その影響によって細く短い抜け毛が増加するようになるのです。AGAが発症したサインでもあり、脱毛を抑える為には抜け毛を予防する働きがあるフィナステリドを使用することが大切と言えます。

細く短い抜け毛はまだ見られないものの、抜け毛の増加が気になるようになってきた時にはミノキシジルによって対策をするのがおすすめです。単に抜け毛が増えてきただけならまだAGAがそれほど進行していない可能性が高く、発毛を促進する作用を持つミノキシジルだけでも対策ができる可能性があります。

なお、進行を予防する為にもフィナステリドも利用した方が良いのか迷ってしまうかもしれませんが、抜け毛の増加程度ならまだ使用せずとも良いと言えます。

AGA治療薬使用のリスク

予防をする為に服用をするのは悪いことではないものの、ただフィナステリドは副作用が起こるリスクがあるのです。
特にフィナステリドは内服して利用する治療薬ゆえに余計にリスクがありますし、その為、あまり気軽に利用するのは良くないと言える面もあります。

ミノキシジルも副作用がある成分ですから同様に使用する際には注意が必要ですが、しかしながら基本的には外用剤として使用しますし、副作用が発生する場合でも頭皮だけへの影響に留められる可能性があるのです。

両者を比較した場合、外用剤のミノキシジルの方が影響が小さいと言えますから、脱毛の症状が軽いのなら安全性の高いミノキシジルの方が良いと言えるでしょう。

ちなみに効き目が高い成分なので外用剤として使用する場合でも動悸や頭痛、多毛症などが起こることもあります。

AGA治療薬の使い方

抜け毛の増加が顕著であり、明らかに抜け毛も弱々しい、尚且つ地肌も目立つようになってきている場合は両者を併用して使用するのが良いと言えます。
軽度の症状ならいずれか一方でもある程度の対策ができる可能性がありますが、症状が重い場合ですと併用して対策をしていかないと回復は難しくなってしまうのです。
その為、症状が重いのなら併用していくのが基本であり、病院で治療を受ける時にも両者を併用するように勧められることがあります。それだけ症状が重いと改善のハードルが高くなるということですから、双方を活用して対策をしていきましょう。

AGA治療薬を併用する際の注意点

なお、私もAGAになってからこうした治療薬を利用したことがあるのですが、最初は副作用のリスクが低いミノキシジルだけを利用して対策していました。
そんなに症状が重くなかったのである程度は予防ができたり進行も遅らせることができていたものの、AGAは進行性の脱毛症ですから次第にミノキシジルだけでは対策が辛くなってきてしまったのです。

その為、フィナステリドもプラスして利用するようになりましたが、やはり両者を併用すると効果がまるで違ってきますね。抜け毛を相当減らすことができましたし、毛髪もグングン成長して全盛期のボリュームにまで無事に回復させることができました。

併用すると副作用の心配もありますから、両方を同時に使うのは奥の手として考えていましたが、でも症状が重くなった時にはやはり併用するのがおすすめですね。

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営しているため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る