AGA治療の相場と費用を安く抑える方法

AGA治療法の注意点

髪の毛が徐々に薄くなっていくAGAは、回復までに時間がかかることから、気になった時にすぐに治療を開始しないと、いつの間にか立派なハゲになってしまうこともあります。
現代医療では完治できない症状とされ、現在の治療法では進行を抑えるか遅らせるしかないと言われていますが、しっかり治療をすることで元の髪の毛を取り戻すことは可能とされています。

とはいえ、本格的な治療をすると高い医療費が必要になるので注意しなくてはいけません。

AGA治療の基本

まず前提としてAGA治療には健康保険が利用できないため、治療費の全ては実費となることを理解しておきましょう。
そして治療方法としては、一般的には投薬治療に始まり、成長因子を注入するメソセラピーやHARG療法、そして最後の手段となる自毛植毛があります。

人工毛を結んで一時的に髪の毛を増やす増毛もありますが、治療とは異なるのでここでは割愛します。

投薬治療は主にフィナステリド製剤とミノキシジルと呼ばれる飲み薬を使用しますが、すぐに効果があらわれるわけではなく、毎日の服用が必要で、少なくとも半年間は継続しないと効果が実感出来ないと言われています。

AGA治療はどれも高額?

AGA専門のクリニックで処方してもらうことになるのですが、治療薬の処方と同時に検査なども受けて諸々の費用がかかるため、1ヶ月に10,000~15,000円が相場となっています。
これを半年間通うことになるので、60,000~90,000円とかなりの費用が必要になってきます。

また、同時にメソセラピーを受けると髪の毛の成長速度は速くなりますが、1回で4~6万円は必要となるため、治療薬の処方と一緒におこなうとその料金が上乗せされることになります。

HARG療法は髪の毛の成長に必要な栄養素と同時に成長因子を注入し、早い人なら3ヶ月程度で実感出来るという特徴があるため効果的な方法といえますが、少なくとも50万円以上はまとまったお金が必要となります。

また、AGA治療の最終手段となる自毛植毛は高額な医療費になることが多く、大抵は100万円を超える金額となるため、よほどお金に余裕がなければ選択肢に入ることすら叶わないでしょう。

AGA治療を安く抑えるには

少しでも費用を安く抑えて発毛を目指すためには、病院で行ってくれる手間を自分が受け持つことが重要で、例えば発毛や育毛の方法を頭皮マッサージや食事、運動などのセルフケアによって間に合わせることが大切です。

とりあえず脱毛だけ抑えるという方法であれば、原因となる男性ホルモンを抑える作用のあるフィナステリド製剤だけを飲めば良く、この治療薬だけならば皮膚科などの一般病院でも処方されています。
特に必要な検査なども行っていないので、診察代と薬代だけのAGA治療費だけになるため、毎月の出費が6,000~8,000円程度で済むようになります。

半年間続けて髪の毛を取り戻すことができたなら、32,000~48,000円の出費ということになるので、かなりコストを削減できたと言えます。

これ以上に抑える方法としては、フィナステリド製剤やミノキシジルがジェネリック医薬品として出回っているので、海外からの個人輸入で入手するという方法もあります。

この場合は病院に通院することなく、薬代だけで済むのと、後発医薬品ということで薬代が大幅に安くなるというメリットがあります。フィナステリド製剤であれば1ヶ月分が2,000円前後、ミノキシジルなら1,800円程度となるので、半年間使用しても20,000~30,000円ほどの出費で済むようになります。

セルフケアの注意点

ただし、専門家のアドバイスなどは聞くことができないことから、自分で薄毛治療の方法を模索することになります。また、個人輸入で購入した医薬品の副作用については、全てが自己責任となるので注意しなくてはいけません。

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営しているため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る