もし自分がAGAと診断されたらどうすればいいの?

もし自分がAGAと診断されたら

薄毛の悩みを持つようになった時には病院に相談をするという方もいるはず。
その際にAGA診断が下ってしまった時にはショックを受けてしまうのではないでしょうか。
AGAと言えば強力に薄毛を進行させる脱毛症ですから、さらに症状が酷くなる可能性があり、薄毛どころがハゲになってしまう可能性もあります。

もしAGA診断が下された時にはどうすれば良いのかと言えば、選択肢としては治療を受けることです。病院ではAGA治療を受けられますし、回復できる可能性もありますからAGAの場合でもそんなに落ち込む必要はないと言えるでしょう。

AGAの治療法

AGA治療法にはいくつかの選択肢があるのですが、最も代表的な治療法と言えるのが治療薬を利用することです。そして代表的な治療薬としてフィナステリド錠が挙げられます。
この薬はagaの原因となっている脱毛物質を抑制する働きがあるのが特徴ですが、aga治療に欠かすことができない存在です。
ですから病院で治療を受ける時には殆どの場合、処方される薬と言えるでしょう。

もう一つ治療の際に用いられることがある薬としてミノキシジル外用剤も挙げられます。
先に紹介したフィナステリド錠は脱毛物質を抑制するとお伝えしましたが、しかしながらその作用しか持っていない薬なのです。

つまり脱毛物質を抑えて抜け毛を減らすことができるものの、発毛を促進させるといった効果は持っていません。ですから抜け毛を減らせてもなかなか発毛しないというケースも多いのです。

ところがミノキシジル外用剤を併せることによって効果的に発毛を促すことができるようになります。
ミノキシジルは血管を拡げて強力に血行を促進する成分ですので発毛し易くさせることができますし、治療の際にもセットで処方されることがあるのです。

なお、ミノキシジルだけですと効き目は低いです。脱毛を促進させる物質があると発毛の促進作用も相殺されてしまいますので、フィナステリド錠とセットで使用するのがベストな対策法とされています。

通院する以外の方法

病院ではこのような治療薬によって回復を目指すという選択肢が用意されているのですが、ただ、病院で治療を受ける場合ですと費用が高く掛かるという短所があるのです。

わたしもagaと診断された身であり、治療を受けるように勧められたこともあるのですが、しかしながら費用が高いと知ったことで病院での治療を断念しました。

恐らく同じように費用の問題があって断念した方もいると思われますが、そのような時には輸入医薬品を活用してみるのも良いかもしれません。

輸入医薬品という選択

輸入医薬品というのは要は個人輸入で海外から薬を入手する方法であり、輸入する場合ですと格段に安く治療薬を手に入れることができるのです。

実際にわたし自身も輸入医薬品を活用しているのですが、病院での治療と比較すると格段に安く対策を行うことができています。

病院ですと毎月1万円~3万円程度の費用が掛かるところ、輸入医薬品を使っていることで月々2~3千円程度での対策を行えるようになりました。
また、病院に行かずとも治療薬を手に入れることができますので手間がありませんし、そういった面でも輸入医薬品にはメリットがあります。

輸入医薬品利用の注意点

ただし個人輸入で薬を購入する際に気を付けて欲しいこともありますが、特に注意したいのが副作用です。
病院で治療を受ける場合ですとリスクの説明だったり、もし副作用が発生した時にもどうしたら良いのかアドバイスをくれますが、自身の判断だけで利用する場合ですと何らかのトラブルが起こった時に困ってしまうかもしれません。

幸いわたしの場合は特に副作用が発生することもなく利用できているのですが、しかしながら中には副作用が起こったという方もいますので、輸入をする際にはそうしたリスクを理解すると共に十分に注意した上で使っていかなければいけません。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る